1858(安政5)年、佐賀藩はこの地に古くからあった御船屋を拡張し、日本で最初の海軍所を設立しました。翌年には、海軍寮・調練場・製鑵所などを増設し、本格的な佐賀藩海軍所としての陣容が整いました。
  ここでは、航海術・造船・銃砲調練などの学科と技術を教え、河港にはオランダ・イギリスから購入した軍艦がマストを並べ、その偉容を誇りました。
  1865(慶応1)年には、国産初の蒸気船凌風丸も建造されました。幕府注文の蒸気鑵(ボイラー)3台を製造するなど、その技術の優秀さを天下に示しました。
  戊辰戦争で多くの佐賀藩兵を乗船させ、出動させたのも、ここ三重津でした。

 
海軍寮では、長崎海軍伝習所で教育を受けた藩士が教師となり、長崎での学習課程をもとに授業を行った。学科は航海術・運用術・造船・砲術・船具学・測量術など多岐にわたった。
  船入場は、早津江川に停泊する船舶へ乗降するための小船を係留した場所で、海軍寮の船舶実習の起点となった。また、凌風丸の船体部分もここで建造された。  
  調練場は、海軍寮の実習訓練をした場所である。ここでは、射場や標的が設けられ射撃・隊列など海軍としての実践に即した演習が行われた。  
  製鑵所は、佐賀藩精煉方に属した技術者集団が結集、船舶の動力部分にあたる蒸気鑵(ボイラー)を製造したところ。また、船渠(ドック)は、有明海の干満の差を利用し満潮時に水が入り、干潮時には抜ける仕組みとなっていた。このエリアでは、造船や艦船の修繕などが行われ、凌風丸の蒸気鑵もここで製造された。  
  初めに戻る