前立腺についてのご意見・ご質問
201から250まで

(詮索や無断転載を禁止します)
ボタン泌尿器科いまりクリニック表紙に戻る

ご意見と返事 231

2014/11/23

泌尿器科いまりクリニック 
院長 小嶺信一郎 先生

初めてメールにてご質問をさせていただきます。お忙しい中で恐縮でありますが、ご回答いただけると幸いです。

私は、慢性前立腺炎を5年半患っております32歳の男性です。 一向に痛み症状の治まらない前立腺炎に悩まされ関東の泌尿器科を転々としてましたが、波はあるものの、完治せず困り果てております。同様の症状で悩む患者は多く、Web上で、情報を共有しながら、少しでも症状を緩和すべく努力をしております。その患者コミュニティーの仲間で抗生物質を前立腺内部に注射する海外治療に出かけている方が数人おりまして、かなりの改善があったとの報告があり、コミュニティー内でも強く興味をもっております。しかしながら、その治療を受けるためには最低40日の滞在と、300万円程度の費用がかかることから、普通の会社員には簡単に選択できるものではありませんし、何より海外病院で治療を受けることに衛生面での不安もあります。

私は、できればお金はかかっても医療技術、衛生面でも安心のできる日本のクリニックで直接注射療法を受けてみたいと考えておりますが、関東のクリニックでそのような治療を行っているところは皆無のようです。貴クリニックでは、慢性前立腺炎の患者方に対して、希望により尿道洗浄等を施術されていることを貴クリニックのHPで知り、もしかしたら、前立腺直接注射の治療も選択いただけるのではないかと考えメールさせていただきました。一度、貴クリニックにて私の状況を診察いただけたらと強く願っております。(抗生物質長期の使用により、一時は細菌が検出されなくなりましたが、しばらくするとまた生えてきて、症状が消えない状況です 細菌は抗生物質は飲んでおらず漢方でのみです。)

急なメールで申し訳ありませんが、ご相談に乗っていただけると大変ありがたいです。

(患者コミュニティーで調べた情報)
著者 :名古屋大学大学院 山本正徳 他 (1996年)
論文名:Chronic Bacterial Prostatitis Treated with Intraprostatic Injection of Antibiotics
「慢性細菌性前立腺炎に対する抗菌剤注射治療」
http://informahealthcare.com/doi/abs/10.3109/00365599609181299
アメリカの前立腺直接注射療法の論文(2014年)
http://www.fertilitysolution.com/Trans-rectal-Injections-of-Antibiotics-for-the-Treatment-of-Chronic-Prostatitis.pdf

中国の前立腺直接注射療法を行っているクリニック (3人が治療に行っています。)
http://www.prostatitis3d-cure.com/treatment.html

@@@
住所:神奈川県@@@@@市@@@@@@町@@@@@@番地@@@@@@
TEL:0@@@

謹啓

慢性前立腺炎で長い間お困りのことと存じます。

前立腺に対する直接注射法についてはあまり存じておりませんでしたので、あなたが書いていたサイトや文献を読んで調べてみました。慢性前立腺炎で困っている方には、何とかして治療したいと医者であれば誰でも思っていると存じます。いっぽうで、患者の言ってくる治療法をはなから否定する医者もいますが、私個人的には今まで確立されていない治療方法でも、危険や副作用が少ないのであれば、何とか出来るように努力しようと思っています。科学も医学もどんどん進歩し、変化していますので、今までの治療法が他の治療に変わることは何度も経験しています。そして、私に出来無いことは、手技的に不可能でも有るか、あるいは主義的にも出来ませんとお断りしております。

前立腺内への抗菌剤や抗菌剤とステロイドのカクテルを注射することは、直腸を通して注射する方法(経直腸)と会陰や下腹部から注射する方法が有るようです。直腸からの注射は中国の医者は勧めていませんが、イタリアやアメリカの医者が行っているようです。経直腸は確かに便中の細菌を押し込む可能性が有るでしょうが、経会陰方法や経下腹部方法は手技的に難しいと存じます。泌尿器科いまりクリニックではご希望があれば経会陰的に前立腺への注射を行っても良いと思いますが、もう少し調べて、注射する抗菌剤や費用などを決めてからになると存じます。注射の回数は1回あるいは2,3回で良いのでは無かろうかと思っております。

注射する抗菌剤はまだよくわかりませんが、ニューキノロン系とセフェム系が中心になると存じます。6種類の抗菌剤と書いていましたので、文献を入手して調べたいと存じますが、もしもお分かりであれば教えて下さい。そして、この治療方法自体が保険適応に無いので、自費治療になると存じますが、まだ初めてですので、何も決めておりません。もしも注射する抗菌剤の種類を教えてもらうと、ご希望に沿うような抗菌剤を用意します。

では、お大事に。敬具 泌尿器科いまりクリニック 院長 小嶺信一郎

追伸: 私個人的には前立腺に対する直接注射法については効果があまり無いような印象がしますが、行ってみないと判りませんので、実際に行ってもよいと存じます。ただ中国のサイトを読んだ印象では、いんちきとまでは言いませんが、何かうさんくさい印象がしました。手技的にも実際にどのようにするかと言う肝心のところは何も書いていません。何を注射するのかも書いていませんでした。治療をまねされるのが嫌で秘密にしているのでしょうか。中国の方はインテリの方でも目的の為にはうそを平気でつくようですし、自分が悪くても謝罪しないようですので、3D治療法のサイトを読んでも、どうも私は納得できませんでしたが、、、。

2014/11/26

泌尿器科いまりクリニック 小嶺先生

突然のメールにも関わらず、早々にご返事いただき大変ありがとうございます。先生のクリニックを受診した上での自由診療での注射を是非お願いしたいと存じます。まず貴クリニックにお伺いし、状況も含めてご相談させていただけたらとおもっております。早速切符を手配する予定です。またご都合伺いの確認のメールいたします。ありがとうございます、

2014/11/26

謹啓

前立腺局所注入については、注射針などの準備や、副院長・医療事務・達にも打ち合わせをする必要が有り、すぐには出来ませんので、今すぐにおいでになってもどうしようもございません。来週にもお返事いたしますので、それまでお待ち下さい。

では、お大事に。敬具 泌尿器科いまりクリニック 院長 小嶺信一郎

2014/11/27

泌尿器科いまりクリニック 院長 小嶺先生

ご連絡ありがとうございます。 来週にお返事を頂いてから、移動の段取りをするように致します。
どうぞよろしくお願いいたします。

2014/12/2

謹啓

お返事が遅れてすみません。前立腺の局所注入に対しての周囲の強い反対意見も有り、今いろいろ文献などを調べて、検討しています。

泌尿器科いまりクリニックでは、もしも前立腺の局所注入を行うとしても、経直腸的に行うことが可能ですが、経会陰的や経腹的には今のところ器具やエコー機械が無いので無理と存じます。経直腸的には中国のサイトでは強く反論していましたので、もしかすると行わないほうが良いかもしれません。

当初思ったよりもいろいろと検討することが有り、申し訳有りませんが、お返事は来週になりそうです。ご期待に沿えないかもしれませんが、その時は悪しからずご容赦下さい。

では、お大事に。敬具 泌尿器科いまりクリニック 院長 小嶺信一郎

2014/12/3

小嶺先生

ご検討を頂きまして大変有難うございます。我々患者は全くの医学素人の為、すぐに新しい治療法に飛びつきがちですが、専門家のお医者様の目からリスクが高いとのご判断であれば、当然ながらそれに従うのがベストと考えております。わたくし個人的には、多少のリスクがあったとしても症状が改善する可能性があれば、施術頂きたいと考えておりますが。ご多忙にもかかわらず、先生にご検討頂いておりますこと大変感謝しております。来週またお返事を頂けるとのことで、お待ちしております。

2014/12/5

謹啓

前立腺注射療法については、院内でいろいろ検討した結果、泌尿器科いまりクリニックで実行しようと言うことになりました。今後は、長い注射針の注文と注入薬の検討をする見込みです。注射針については特注の見積りをそろえるなど準備をしていますが、来週早々にも見本が手に入るかもしれません。注入薬については、抗菌剤を3あるいは4種類種類とステロイド、局所麻酔薬を考えていますが、あなたの方で何かご希望の薬や何か情報が有れば教えて下さい。抗菌剤はイセパマイシン、ロセフィン、シプロキサンとあるいは追加でホスホマイシンを考えています。前立腺注射療法の経験者をご存知であれば、その方と相談されて良いと存じます。

注射の際には麻酔が必要でしょうから、前骨麻酔を行い外陰部の除痛を行おうと思います。そして、注射当日とその後1日か2日間は、出血や発熱、感染の可能性が有りますので、その間は経過を観察する必要が有ると存じます。そこで、その間入院していただくことが良いと存じます。すべて自費でしょうから診察、検査代、麻酔代や薬代込みで注射1回4万円ないしは5万円位で(ほとんど実費です)、入院1日1万円(3食付き)くらいになると存じます。近所の方で通院が可能であっても2泊3日くらいの入院が必要と存じます。そして次の2回目の注射は2週間以上間隔を空けたほうが無難ではと存じます。

なお、癌や慢性前立腺炎などの原因の一つとして、食事の可能性が有ると思います。そこで、泌尿器科いまりクリニックでは玄米菜食で体質を改善することも治療の一環として実行していますので、ご希望であれば入院中の食事は玄米あるいは全粒粉パンなどの主食と完全菜食を提供します。

なお、あなたが教えてくれた文献のうち、スカンジナビアジャーナルに投稿されていた名古屋大学の筆者(山本先生)に電話で直接、前立腺注射療法についての効果を尋ねました。山本先生が話されるには、前立腺注射療法について今はもう行っておらず、短期間の効果はあっても再発するし、保険適応が無いので行わなくなったと言うことでした。そういうことでも良いのであれば、前立腺注射療法をおこないますが、それでも受けますか。前立腺炎がかえって悪化する可能性も有ると存じますが、いかがでしょうか。

では、お大事に。敬具 泌尿器科いまりクリニック 院長 小嶺信一郎

2014/12/6

小嶺先生

お忙しい中ご検討、ご返事いただきありがとうございます。是非、貴クリニックで直接注射での施術を頂くことを希望します。 再発する可能性がある、悪化する可能性がある点は承知致しました。

一時、あまりの症状の酷さに、仕事も半年ほど休職し、まったく身動きがとれない時期がありました。現在は、仕事はなんとかできるまでにはなりましたが、やはり、痛みにより毎日が苦痛です。したがって、少しでも、症状を緩和できる可能性があればその機会を逸せずトライしたいと考えております。

入院、施術の期間については会社を休むことで十分確保できるようにしていきます。 費用についてもほぼ実費での対応いただけるとのことで大変恐縮です。前払いでお支払いさせて頂く予定です。また、注入抗生物質については、中国に渡った患者さんが具体的に何の薬剤を使用されていたかはよくわかりません。何種類かの校正物質をカクテルしてるとの情報があったのみです。

ぜひ、貴クリニックで治療を受けたく、具体的な日程について調整させてください。よろしくお願いいたします。

2014/12/14

謹啓

針が届きましたので、後は抗菌剤の注射剤を注文すれば準備完了です。来週月曜日に注文します。前立腺炎に対する局所注入は、
1. 前の日に来院していただき、採血とエコー検査、触診とその前後の検尿を行う予定です。その日は入院し、

2. 翌日朝から浣腸などの前処置を行い、昼頃から仙骨麻酔を行い15分後に超音波下での局所注射をします。注射内容は抗菌剤3種類にステロイド、局所麻酔薬を混ぜた液10ミリです。そして、前立腺左右に3ミリずつ、精嚢左右に2ミリずつ注入します。

3. そして、次の日にエコーで出血の有無を確認し、退院かあるいはさらにその翌日まで待って退院です。

以上検査、麻酔、注射込みで4万5千円、入院1日1万円です。健康保険は使いませんが、もしも後で合併症として発熱や出血が有った時の治療に使いますので、一応持参して下さい。都合を打ち合わせしたく存じます。メールかあるいは翌月曜の昼頃お電話下さい。ただし、今回入手した針が22G、0.7ミリであって大きいのでもっと小さな針、26G、0.52ミリ以下の針を探しております。出来れば小さな針が届いてから治療されたほうが良いと存じます。

では、お大事に。敬具 泌尿器科いまりクリニック 院長 小嶺信一郎

2014/12/18

小嶺先生

本日は、TELで相談にのってもらいありがとうございました。以下の日程で、貴クリニックにお伺いすることを計画しております。ご検討のほどよろしくお願いいたします。

(スケジュール予定)
1/15(水) 夕方 羽田→佐賀空港 佐賀に一泊 
1/16(木) AM 貴クリニック受診 入院
1/17(金) 施術頂く 入院
1/18(土) 検査頂く、 問題なければ帰路へ もしくは入院

謹啓

諒解しました。1月23日来院し、入院、1月24日前立腺注射、1月25日午後に退院の予定で用意します。食事はベジタリアン食です。

一応、1月19日頃に再度確認のお電話を下さいませ。

では、よろしく。敬具 泌尿器科いまりクリニック 院長 小嶺信一郎

2015/01/31

小嶺先生

お世話になります。注射治療を頂き1週間が経ちました先週はフルで出勤し、残業含め座り仕事をこなしましたが、症状がかるく随分と助かりました。ありがとうございます。肛門奥から突き上げる痛み、尿道奥の痛みは軽くなりましたが、左の下腹部の痛みは夕方になるとチクチクと発生します。

注射療法は私にとってこれまでの治療の中で最も効果が高く、できればもう一度注射頂き、下腹部側の痛みを軽減できたらと希望しております。お忙しい中で大変恐縮ではありますが、2月に2回目の治療をお願いできないでしょうか?よろしくお願いします。

謹啓

注入療法が効果が有るようで、安心しました。

2月の再治療についても諒解しました。ご希望の日にちを教えて下さい。
注射日は2月7日かあるいは2月21日であれば私が居ます。前回と同様で金曜日に入院されて土曜日に注射し、日曜日に退院で良いと存じます。しかし、出来れば2月にすぐ再注入されるのでは無くて、前回の注射の効果の観察をもう数カ月間されて、様子を見られてはいかがでしょうか。再注射するにしても4月ごろはどうでしょうか。

では、お大事に。敬具 泌尿器科いまりクリニック 院長 小嶺信一郎

ボタン泌尿器科いまりクリ ニック表紙に戻る

ご意見と返事 230

2014/12/13

問い合わせーPVP前立腺肥大手術後1年2か月経ちました。

御無沙汰しております。
ーーーそちらで膀胱出口を広げる手術をする場合、通常、術前検査、入院期間と術後の再診を含めて何日必要でしょうか?
よろしくお願いします。

謹啓

経尿的膀胱頚部切開術の術前検査を別にすれば、入院は手術前後を含めて2週間の予定でしょうが、血尿や発熱などで長引く可能性も有るようです。一般的には、手術してすぐに退院しても良いかもしれませんが、出血や痛み発熱なども有り、食事、排便、移動などの苦労が有りますので、すぐに退院しないで、ある程度落着いてから退院したほうが、かえってその後体調がよいようです。

いっぽう、本当に経尿的膀胱頚部切開術でよくなるのかと言うことを術前に充分調べる必要が有ります。もっとも充分調べても実際に手術をしてみないと判らないこともあるようです。そこで、せっかくおいでになっても、経尿的膀胱頚部切開術をする必要が無と思われる場合や経尿的膀胱頚部切開術が無理であるような場合は手術は致しません。経尿的膀胱頚部切開術を受ければ尿が出やすくなりますが、言い換えれば、尿が漏れやすくなることです。さらに、膀胱頚部が開くと、射精が膀胱の方面に出るので、射精感が減ったり射精が尿道から出なくなるようです。そこで、手術を受ける場合は慎重にされたほうが良いと存じます。

では、お大事に。敬具 泌尿器科いまりクリニック 院長 小嶺信一郎

ボタン泌尿器科いまりクリ ニック表紙に戻る

ご意見と返事 229

2014/09/29 11:31

泌尿器科いまりクリニック
院長 小嶺信一郎先生

前文、失礼申し上げます。お忙しいところ失礼致します。
先日(9月27日)、初めてのご相談をさせて頂いていた佐賀の@@@と申します。先日、ご相談させて頂いてから、一日千秋の思いでお返事をお待ちしておりましたが、方針決定の為の受診が明日に迫ってしまい、再度のメールは、お忙しくしておられる先生にご迷惑かもしれないと思いながらも、大切な夫の事を思うと居ても立っても居られない気持ちで、再びの送信をさせていただきました。
どうか、お許し下さい。

もしかしたら、先のメールが先生の目に触れていないのかもしれないと思い、念のため同文を再信させていただきます。
(以下前回同文)
初めてメールさせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。
ご相談させていただきたいのは、夫の前立腺がんについてです。
年齢は、56歳
今年、6月の健康診断で、PSAが6.120で要精密検査になりました。すぐに、総合病院でMRIを撮りましたが、画像には現れませんでした。主治医は、PSAが高値であることと年齢が若いので、生検を勧められ、施術(8月中旬)していただきました。
結果は、
会陰式14本採取
●PSA:7.06
●直腸診:前立腺は胡桃等大、表面平滑、弾性軟
●TRUS:最大滑面12.4p2、体積20.4t
●病理診断
左葉PZ内側(11o)5%
左葉中央内側(10o)25%
左葉腹側内側(9o)10%
に癌成分を認める
●グリソンスコア:3+4=7

でした。
ので、CTと骨シンチを撮りました。(9月中旬)2つとも、転移所見は見られず。との診断でした。
当日のPSAは、7.16でした。主治医は、根治を目指して前立腺全摘手術または、放射線治療を勧めます。とのことでした。経緯は、以上です。

まず、全摘手術を受けるか、放射線治療を受けるかで迷い。手術にしても、術式を開腹にするのか、腹腔鏡にするのか。放射線でも重粒子線治療にするのか、通常の放射線にするのか、または、内部照射にするのか。と迷いに迷っています。現在の受診病院では、手術は、開腹と腹腔鏡に、放射線は通常照射に対応しているとのことでした。サガハイマットの現在の待ち状況を調べたところ、初診の予約日が2〜3週間待ちで、6ヵ月程度ホルモン療法を受けからの照射になるようです。

迷っているポイントは、
まず、どの治療法が一番再発のリスクが少ないか。
次に、
全摘手術は
@出血量が多くなる場合があるので、貯血が必要なこと
〜ただでさえ貧血傾向(治療を要する程ではない)にあるので、大丈夫だろうかと。かえって全身状態を悪くして抵抗力が下がりはしないかと。
A術後の、尿もれ
〜ネットや本で情報を集めると、漏れ具合が、チビルというより、垂れ流し状態になるようで、どれくらい続くのか。
そんな状態で仕事ができるのか。
B開腹は、どのくらい体へのダメージがあるだろうか。
開腹により、臓器を外気に触れさせるデメリットがないだろうか。
C腹腔鏡下は、取り残しや、直視できないデメリットはないだろうか。
D術後のその他の障害など。
Eこれは、素人考えでお恥ずかしいのですが、前立腺の皮膜が破れてしまうと、かえってお腹の中にガン細胞をばらまいてしまうのではと。

放射線治療は、
@一般にいわれている、他臓器に及ぼす害。(特に一般照射は。重粒子線治療でもないとはいえない。)
A通院が、連日で仕事をしながら体力的に大丈夫だろうかと。
B再発の際の治療の選択肢が狭まるのではないか。
C重粒子線治療までに、かなりの期間があるので、進行は大丈夫だろうかと。

等々、ここに書かないまでも、迷い、心配は尽きません。
しかし、放置はしておれず、次回の3日後の診察日までに結論を出さなければなりません。様々な事を考え合わせて、もしご自身が患者だったら、どの治療法をとられますか?ズバリお聞かせ下さい。また、その理由もお聞かせ頂けませんでしょうか。そして、できましたら、私が列挙した上記の、迷いや心配のポイントそれぞれにコメントを頂戴できませんでしょうか。プロの方が、罹患された場合の対処法として、きっと大変参考になると思います。お忙しいことと存じますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

(以上が先のメールです。長々とした文章で大変申し訳ございません。)

気持ちばかりが先走り、私の舌足らずな表現のメールでご不快になられたのではないだろうか…
同じ佐賀県に住んでいながら、出向く事なくメールでのご相談がいけなかったのだろうか…
と、案じております。本来ならば、受診させていただきご相談申し上げるべきとは存じますが、悪性リンパ腫で療養中の義父がおり、それもかないませず申し訳ございません。大変、手前勝手で心苦しく存じますが、何卒お察しいただき、アドバイスを賜りますよう、お願い申し上げます。

草々
佐賀県@@@@@市@@@@@@町@@@@@@番地@@@@@@
@@@

謹啓

お返事が遅れてご心配をおかけしましたが、毎週月曜日が一番忙しくて、しかも先日の週末が休みの順番でしたので、お返事が遅れましたが、ご容赦ください。

さて、56歳で、前立腺癌、グリソンスコア7、転移無く、PSA7.06であれば、私なら迷わず粒子線治療を受けるでしょう。それが良いか悪いか、最善かどうかは別問題です。あくまでも私自身の場合はどうするかと考えて、私の問題としてお答えしました。

あなたのご主人の場合はどの治療法でも結果はさほど変わりが無いように存じます。そうであれば、副作用の一番少ない治療が最善と存じます。そして一度決定されたら後は後悔されないことでしょう。

では、お大事に。敬具 泌尿器科いまりクリニック 院長 小嶺信一郎

2014/9/29

泌尿器科いまりクリニック
院長 小嶺信一郎 先生

本当にお忙しくなさっておられるのに、夜分にもかかわらず貴重なご意見を賜り、感謝の気持ちでいっぱいです。夫と共に頂いたメールを何度も何度も読み返しました。明日、主治医の先生とも相談し、今一度考えてみたいと思います。「一度決めたら後悔しないこと」胸にしっかり刻みました。本当にありがとうございました。取り急ぎ御礼申し上げます。

ボタン泌尿器科いまりクリ ニック表紙に戻る

ご意見と返事 228

2014/08/13 22:53

小嶺先生
多くの方への先生の真摯なお返事を拝見し、大変感動いたしました。私自身の前立腺がんのことでご相談したくメールいたしました。お忙しい中,大変恐縮ですが、アドバイスをいただけますと大変うれしく存じます。

実父が80歳前に前立腺がんが骨に転移した段階で発見され、亡くなっています。
私は現在61歳、会社員、デスクワークのエンジニアです。
乳製品が好物です。また男性ホルモンが強いのか、実父と同じように禿げ上がっています。
人間ドックで測り続けているPSAの値が10年間前の0.80からコンスタントに毎年上がり続け、1年半前に4.9なったため、近所の大学病院の泌尿科を受診、郵送やドックを含め4回PSAを図りましたが、一旦4.0以下に下がっていました。ところが、また5回目の2か月前に4.7となったため、1ヵ月前にMRI検査をしました。
担当医師の説明では、血管の一本が癌細胞の為に活発化しているため、真っ白な点として光っていました。また、前立腺左の外側の一部が、灰色が強く写っており、癌の疑いが濃厚であるため、入院して針生検を行う手筈になっています。
骨シンチは未実施です。

インターネットで調べると、病期(ステージ)、構造異形(グリソンスコア)、PSAでリスク判定すること、治療方法は、PSA監視、全摘手術(ダビンチなど)、放射線治療(IMRT/IGRTや粒子線やブラキセラピーなど)、ホルモン療法があることなどを理解しました。

担当医は、癌の判定がでれば、追加検査後、年齢から全摘手術が良いとの意見です。

ネット情報で治療の期間や費用などを大体理解したつもりです。
その上で、最近成績の良い重粒子に魅力を感じていますが、IMRTの説明では多くの場合に出てくる、良く動く前立腺の位置を毎回の照射前に確認するIGRTの記載が見つかりません。また、治療実績の数でまだ未知数かもしれないというのが不安材料です。
IMRTが次の方策と感じています。
但し、多くの記述で「放射線治療後の再発時の全摘手術はできない」とあるのですが、一部には「難しいが可能」と書いているもののあり、何がどう難しいのか?再発時の手術のリスクは何なのか?が知りたいと思っています。

61歳の年齢から、再発時の次の手が多いことを考えると、まずはロボット支援手術(ダビンチ)を選んだ方が良いかと悩んでいます。

もちろん生検の結果次第で治療不可や不適の方法があることも十分認識しているつもりですが、心の準備をしておきたいのです。
いずれの方法でもそれぞれの治療で、より多くの実績を持つ病院にお願いしたいと考えています。

・放射線治療後に再発した場合の、手術についてどのように考えればよろしいでしょうか?
・生検前ですが、日進月歩の今の技術では、どの治療を一番推奨していただけますか?

よろしくお願いします。
@@@ 千葉県@@@@@市@@@@@@町@@@@@@番地@@@@@@ 04@@@

謹啓

前立腺癌の可能性が有ると言うことでご心配のことと存じます。

さて、一般的に、放射線治療を受けると前立腺周囲の組織まで放射線がかかりますので、程度の差はあれどいわゆる放射線障害になっています。その場合は組織が脆くなりさらに放射線による炎症を起こして癒着も生じていますので、手術操作自体がとてもむずかしくなります。私も以前に放射線膀胱炎の方の膀胱を手術しましたが、膀胱自体がボロボロになっていて、縫合する際には縫っても縫ってもボロボロ崩れて縫えないのです。手術も何時間かかるか予測がつきません。たとえ手術できても手術後の縫合不全、化膿、傷の治癒不全、治りが非常に長引くなどのために放射線が当たった部位を手術することは非常に困難と思って下さい。

前立腺癌の治療法に付きましては、癌の進行度と悪性度によって異なりますので、教科書を書くのでは有りませんからすべてをメールで書くことは無理と存じます。今後の治療については生検後に主治医とよく相談されて下さい。

では、お大事に。敬具 泌尿器科いまりクリニック 院長 小嶺信一郎

2014/8/22

小嶺先生
お忙しい中、大変分かりやすい説明をありがとうございました。
状況を良く合点することができました。
昨日入院して、今朝針生検で細胞を取りました。明朝尿カテーテルを抜いて退院、9/1に結果を聞きに来ます。
今後のことはダビンチを主軸に暫く悩んでみます。
大変、ありがとうございました。

ボタン泌尿器科いまりクリ ニック表紙に戻る

ご意見と返事 227

2014/07/04

はじめまして。@@@と申します。年齢は26歳です。性別は女、住所は長野県@@@@@市@@@@@@町@@@@@@番地@@@@@@です。電話番号0@@@です、今回は父の前立腺癌の事でお聞きしたいんですが、 父が前立腺癌で手術をしました。その後リンパに転移があり、今はホルモン治療をしてますが、昨日から足の付け根が痛いと言ってます。この前の診察ではPHSが0.04で薬も 効いているとの事です。前立腺癌との関係はあるんでしょうか。少し熱っぽいとも言ってます。PHSが低くても転移って考えられるんでしょうか。

謹啓

お父様が前立腺癌でご心配のことと存じます。PHSが0.04というのはもしかするとPSAのことでしょうか。もしもPSAが0.04ということであれば、一般的には前立腺癌がとても小さくなりほんの僅かしか残っていない状態のようです。そのような場合に骨などに転移していると可能性は非常に少ないと存じます。足の痛みは他の原因かもしれません。あなたのメールからはこれ以上詳しいことはわかりませんでした。それ以上のことについては今の主治医によくお尋ねになりましょう。

では、お大事に。敬具 泌尿器科いまりクリニック 院長 小嶺信一郎 

2014/7/9

返信ありがとうございます。@@@です。今日病院に行きました

ボタン泌尿器科いまりクリ ニック表紙に戻る

ご意見と返事 226

2014/04/26 2:37

いまりクリニック 院長 小嶺信一郎 様

大阪府@@@@@市@@@@@@町@@@@@@番地@@@@@@
電話06@@@
@@@ 男 60歳

謹啓
ご多忙中失礼な相談を申し上げます事をお許し下さい。
早速ですが、本年度1月10日前立腺pvp手術を受け術後二回出血1ヶ月入院後退院致しました、術後より頻尿が持続さらに白血球多数の状況となり益々頻尿症状が強くなり手術を受けた病院に相談するも細菌感染ではなく抗生剤は使わずに観察.一般的にpvp手術で頻尿や白血球多数のケースは無く何が起こっているのか不明、尿道が再生して創部が治るまでの過程との事で治療はせず観察 との事 やむを得ず近くの診療所にて相談恐らく以前からある慢性前立腺炎が手術によって再燃との事でジスロマック、ビブラマイシン等で白血球は5から6位になりましたが抗生剤を止めると再び白血球多数となり頻尿症状が強くなる状況です、また培養しても細菌が特定できません、術後四ヶ月近くになりますが、あと何ヵ月で治癒し、また抗生剤も長期的利用が必要なのでしょうか症状の改善が遅いように感じご質問申し上げた次第でございます。 術後の経過が悪く長くなりますとレウスの疑いで入院など心身のダメージも多く
、なかなか相談できる医療機関も無く いまりクリニック小嶺信一郎 院長 にご相談申しあげた次第であります何卒宜しくお願い申し上げます。

謹啓

PVP手術では、前立腺をレーザーで焼灼することですので、その後はやけどの状態です。しかも、組織が蒸散されて一部消えてしまうほどの、かなり高度のやけどと言うことです。一般的に、やけどの傷が治るのは数ヵ月から半年はかかるように存じます。その間は用心されて、お酒を控えて、無理な運動をされず、大人しくしましょう。特に自転車は良くないと存じます。さらに、長時間の坐位や運転も前立腺部を圧迫して血行を悪化しますので、控えましょう。

あなたの場合も手術後4ヵ月前後ですので、手術後の傷が有り、いわゆる慢性前立腺炎の状態ですので、抗菌剤を飲むだけでなく上記のような用心をされて、抗菌剤よりもむしろ消炎鎮痛剤(ボルタレン、セレコックス、ロキソニンなど)や炎症を抑える漢方薬(柴苓湯、小柴胡湯、猪苓湯合四物湯など)やセルニルトン、エビプロスタットなどを飲んだ方が良いと存じます。

一般に、最新式のPVP手術や、手術後の早期離床・早期退院が言われていますが、体自体の傷の回復が早くなった訳では有りません。手術後、すぐにでも普通の生活や運動をして良いはずが無いと存じます。早期離床と言う言葉に惑わされずに、ご自分でもお気をつけて用心しましょう。ご自分の体はご自分で守りましょう。

あなたの傷も時間の問題と存じますので、元気をお出しになり用心されて、養生しましょう。

では、お大事に。敬具 泌尿器科いまりクリニック 院長 小嶺信一郎

2014/4/29

ご多忙中、失礼な相談に御回答頂きました事厚く御礼申し上げます、早速、相談致しまして鎮痛消炎剤、漢方薬による治療をすすめさせて頂きます。

ボタン泌尿器科いまりクリ ニック表紙に戻る

ご意見と返事 225

2014/04/05

氏名:@@@ 壮年 68才です。
住所:京都府@@@@@市@@@@@@町@@@@@@番地@@@@@@「
連絡先:@@@
素晴らしいブログに遭遇出来、感激し直ちに御質問させていただきます。

本年3/10にPVP手術致しましたが、その後良好な状態で退院直後からドライブ、農園軽作業等々始めました。
約一ヶ月間順調に推移し安心したので、半日ドライブ後、今日農園で少々チカラ作業(杭を地中に渾身の力で、深く押し込む)作業を行った直後から、排尿時血尿が8割、そして後少々の透明感の有る排尿と言う状態となりました。 心筋梗塞ステント挿入しており血液抗凝固剤アスピリンを、服用して居ます。 執刀医の方が春の人事で遠隔地にい転勤され困っています。
現在の処方薬 です。
@pvp手術後 : アドナ錠30mg,酸化マグネシウム(2錠とも一日3回食後)
A4年前から :アテレック錠10mg,クレストール錠2.5mg,アスピリン、プラビックス、パリエット
(朝食後):心筋梗塞、ステント装着後 処方されました。
よろしくお願い申し上げます。

謹啓

血尿が出てご心配のことと存じます。最近、抗血小板製剤を常用している場合は前立腺肥大が有ると言うだけで血尿が出る方が時々居ます。それも潜血と言う程度では無く、もっと濃い真っ赤な出血も有ります。

PVP手術とは何のことかよく判りませんが、おそらく前立腺のレーザー焼灼術のことと存じますので、そのつもりでお返事します。

さて、あなたの場合はPVP手術をされて、まだほんの1ヵ月後であり、手術後の傷がまだ完治していないと存じます。一般的に傷が完治するには3ヶ月以上かかるように存じます。しかも、あなたの場合はアスピリンとブラピックスと言う2種類の強力な抗血小板製剤を飲んでいるうえに、心臓のステントにもおそらく抗血小板作用のある薬品が入っているでしょうから、何かの拍子に手術後の未完治の傷から出血して血尿が出ることは充分起こり得ることと存じます。あなたの場合は半日もの長時間ドライブ後、農園での作業と言う前立腺によくないことをされていますので、前立腺からの出血が有ったのでは無いでしょうか。そこで、これからはしばらくの間、おそらく後2カ月間くらいは、長時間の坐位や運転、激しい運動とお酒を控えましょう。そして、尿道炎の予防の為に出来れば抗菌剤も3日間程飲みましょう。さらに血管を強めるビタミンC、つまり野菜や果物も多く摂りましょう。血尿がひどくなれば、カテーテルを挿入するなどして止血する必要が有りますので、執刀医でなくてもとにかく泌尿器科を受診しましょう。

最近の傾向として早期離床や早期退院が勧められていますが、それは厚生労働省の医療費削減の方針であって、人間の傷の治り自体が早くなった訳では無いように存じます。手術直後の経過が良いと無理をされて後でこじれる方が多く、逆に手術直後の経過が悪い方の方がより多く用心されて、かえって後の経過が良いような印象がします。

では、お大事に。敬具 泌尿器科いまりクリニック 院長 小嶺信一郎

2014/5/1

御礼
御多忙中にもご丁寧な回答いただき、誠に有難うございます。頻尿状態のまま本年フィリピンに出国、現地で2月尿閉し導尿パイプセット装着し帰国、パイプ撤去半日後尿閉発生、深夜救急外来でかなり強引な手法で、激痛の中再度パイプセットした2日後鮮血出血、、深夜の救命センター入院から3月10日のレーザー前立腺肥大症手術迄、長期入院したため、、、
日常生活に多々遅滞が発生し目下確定申告、急遽パソコンのMacへの移行(インターネットウイルス対策)等々追いまくられ御礼が遅れてしまい申し訳有りません。
おかげ様で術後状態は改善されて来ました。 排尿時、又座席での会陰部の強度痛、不快感はほぼ無くなりました。 排尿の勢いも術前に比べ可成り良好です。 但し御指導どうり充分注意して参ります。

御指導の薬物療法で手術による身体への過度の負担無く、前立腺が半分迄容積減少したら素晴らしいですね!今回全身麻酔を希望し、手術を行いましたが術後 脳機能の劣化?等々自覚症状が伴っています。

10年来会陰部の不快状況が激しいため、通院しPSA検査4から6へ上昇後生検、更2年前にPSA値が
上昇した為MRI,更に生検実施も、ガン細胞が発見され無い、、、、等々の状況で、肥大症の診断でした。
2前から肥大症へ3年間 ハルナールを処方されていましたが、頻尿の他は排尿況が改善されたため、
PSA値24迄上昇しましたが、かってに判断し通院投薬を1年前から辞めていましたら、尿閉が発生しました。今回術前の生検、MRIでもガン細胞は見つからない状況で、レーザー手術実施となりました。
生検後急激にPSA値が上昇する例が増えている、、等々の話も有りました。
御指摘のアボルブ開始については、投薬中止等々勝手にせず、通院を開始した泌尿器科の先生(30代のレーザー手術部門担当医)と世代間格差に戸惑いながらも通院し、長期療養を小峯先生のご指示どうり進めたいと思います。ご丁寧な御指導誠に有難うございます。今後ともよろしくお願い申し上げます。

ボタン泌尿器科いまりクリ ニック表紙に戻る

ご意見と返事 224

2014/02/22

いまりクリニック院長 小嶺信一郎様

以前ご質問させていただいた@@@と申します。 再度、ご質問したくメールを送らさせていただ きます。

あれから、掛かり付けの病院で膀胱内の検査を 行い結石があるとのことで4月に手術となりま した。石が原因で尿が濁ることもあり時折クラ ビットを服用しています。しばらくは少し濁る くらいで落ち着いていましたが、先日朝起きて いつも通り導尿をしたら血尿が出てしまいまし た。 驚いたので直ぐに病院に行き検尿をしました が、白血球が多いのでまたクラビットを飲み様 子を見るとの運びになりました。 ところが昨日、パートナーとsexをし射精をし たら精液が血で真っ赤になっていました。 射精時に痛みはなく、現状、若干尿道がヒリヒ リするくらいで、導尿時、尿が出始める際に血 が混ざる状態です。

週末で掛かり付けの病院もやっておらず、仕事 もあるため、直ぐに身体のことが知りたく再度 頼らせていただきたいと思っています。 お忙しいとは思いますが、何卒回答をよろしく お願いいたします。

住所:埼玉県@@@@@市@@@@@@町@@@@@@番地@@@@@@名前:@@@ 年齢:31 TEL:@@@

謹啓

一般的には、精液は前立腺で作られますので、前立腺に炎症などの異常があってそこからの出血かもしれません。あるいは射精管の付近からの出血かもしれません。あるいは、全身の出血傾向が有ってその部分症状かもしれません。

あなたの場合は、導尿時に出血が有ると言うことですので、もしかすると射精管の部分の尿道出血かもしれません。尿道炎や尿道の傷が有ってそこからの出血かもしれません。膀胱結石が有ることで、慢性膀胱炎も続いているような印象です。

では、お大事に。敬具 泌尿器科いまりクリニック 院長 小嶺信一郎

2014/2/24

早速のお返事ありがとうございます。

どちらにしても早めの受診の方が良さそうですね。
明日、受診してみることにします。

ボタン泌尿器科いまりクリ ニック表紙に戻る

ご意見と返事 223

2014/02/23

神奈川県@@@@@市@@@@@@町@@@@@@番地@@@@@@の@@@と申します。57才です。
2年前に前立腺肥大手術をしましたが、その3年前から精液の量が少なく水っぽく色も白くありません。性交も自慰も2か月せずに様子を見ましたが自慰でも同じ量は少なく水っぽいのは変わりません。手術後も変わりません。これは加齢によるもので仕方がないものでしょうか?それとも検査をして改善できる病名でもあるのでしょうか?
よろしくお願いします。

謹啓

精液の量が少なくなって水っぽくなったと言うことですか。よくわかりませんが、ご指摘のように一種の老化現象の一つのような印象がします。前立腺の手術後にもかかわらず、おそらく普通に勃起が出来ているのでしょうし、きちんと射精が出来て精液も出ていると言うことであれば、それはそれで良いのでは無いでしょうか。もしもご心配であれば、念のために前立腺癌の検査を受けてみましょう。

では、お大事に。敬具 泌尿器科いまりクリニック 院長 小嶺信一郎

2014/2/24

どうもありがとうございました。泌尿器科で今度相談してみます。

ボタン泌尿器科いまりクリ ニック表紙に戻る

ご意見と返事 222

2014/01/13

鹿児島県@@@@@市@@@@@@町@@@@@@番地@@@@@@の@@@と申します。

質問させて下さい。前立腺肥大症の手術を受ければ排尿困難等は完治すると思っていた者ですが2,3カ月するかしないかのうちに元に戻ってしまいました。膀胱頚部硬化症などで膀胱出口を切開する手術で完治は難しく7割位の人しか改善しない理由は何でしょうか?よろしくお願いします。

2014/01/13
謹啓

3ヶ月前に経尿道的に前立腺肥大症の手術を受け、その後良かったが、最近また排尿困難が再発したと言うことですね。

一般的に、経尿道的に前立腺肥大症の手術のあとで、しばらくすると尿道や膀胱の出口が次第に狭くなることが時々有るようです。開腹しない代わりに、太い内視鏡を出し入れするので尿道に無理が掛かるのかもしれません。その場合は、後で尿道狭窄や膀胱頚部硬化症が出現しているのかもしれません。そこで、実際に狭くなっているかどうか尿道造影や内視鏡で検査して、もしもあまり狭くなっている場合は再度切開して狭いところを広げる必要が有ると存じます。

いっぽう、膀胱の出口を広げても、膀胱の排尿力が非常に低下していれば、排尿困難が続くようです。

今後しばらく様子を見られて、それでも回復しない場合は、前回手術した主治医と相談されて、今後の治療を決めましょう。

では、お大事に。敬具 泌尿器科いまりクリニック 院長 小嶺信一郎

2014/01/14

どうもありがとうございます。

最後に排尿困難で薬も手術も効果ないのですが夜だけでも留置カテーテルをすることによって頻尿と尿閉に苦しむ必要がなくなるのでしょうか?つまり夜はぐっすり眠れるのでしょうか?

謹啓

夜間頻尿の方に、夜間のみ留置カテーテルを行うことは有効な方法の一つのようです。ナイトバルーンと言って自分で挿入できるバルンカテーテルも売られていますので、泌尿器科いまりクリニックでは数人の方にお出ししております。バルンカテーテルの刺激が気にならないのであれば、有効な方法と存じます。

夜間頻尿の強い方にボルタレン内服薬や坐薬もよく効く方法ですので、一度試みてはいかがでしょうか。

では、お大事に。敬具 泌尿器科いまりクリニック 院長 小嶺信一郎

ボタン泌尿器科いまりクリ ニック表紙に戻る

ご意見と返事 221

2014/01/12

初めまして、東京都に住む17の高校生です。最近射精に関する悩みがあってメールしました。マスターベーションの時、精液とともに、尿意がせり上がってくるような感じがするのです。そのまま続けて実際に尿が出るのかというと正直よくわかりません。白濁しているし、匂いも精液っぽいので違うと思っていたのですが、確実に水気が増してて、匂いもちょっとにてきたような。だす感覚も一気にかわりました。排尿半分射精半分みたいなかんじで、なんか尿を出してるんだか精子を出してるんだかもう分かんないような状況です。こんなことは今までありませんでした。精通したてで間違えることがあるっていうのは聞きますが、それももうずいぶん前です。症状が出たのがここ最近急になので、なんでなのか知りたいです。残尿感も少しある気がします。残尿と一緒に精子が出てるのかなとかおもったり。でも頻尿とかではないと思います。小便のときに勃起させようと力を入れると尿は止まるし、体の仕組み的にもないとは思うのですが、不安でメールしました。
氏名@@@
電話0@@@
住所東京都@@@@@市@@@@@@町@@@@@@番地@@@@@@
性別男
年齢17

謹啓

射精時に尿意が有って、精液に尿が混じっているかもしれないということですね。まず射精時に尿がたくさん溜まって居る場合には当然尿意が大きいと存じます。しかし、射精時には無い尿道括約筋が締まるので、尿は漏れませんし、精液も膀胱に入ることは無いようです。あなたの場合は、もしかすると精液の性質が少し変化して薄くなって水っぽくなっているだけのことかもしれません。あるいは、残尿感が出現しているのは前立腺の炎症を起こしているのかもしれません。そこで、残尿感や頻尿などの症状が悪化するようでしたら早めに泌尿器科を受診しましょう。

では、お大事に。敬具 泌尿器科いまりクリニック 院長 小嶺信一郎

Re: よろしくお願いします

お忙しい中、お返事ありがとうございます。
重ねて質問なのですが、水っぽくなっているるとしたらどのような原因が考えられるでしょうか?健康面などでは、副鼻腔炎くらいしか心当たりがありません。特に変わりのない生活なのですが、ここ一週間くらいで急になので、理由が知りたいです。なにか少しでも参考になるようなお話があれば聞きたいです。

ボタン泌尿器科いまりクリ ニック表紙に戻る

ご意見と返事 220

On 2013/04/18

初めまして。

神奈川県@@@@@市@@@@@@町@@@@@@番地@@@@@@ @@@と申します。半年前、PVPの前立腺肥大手術を受けました。術後から今でも術前と変わることなく排尿障害に苦しんでいます。執刀の医者からは肥大はそんなに大きくないという理由で長い間ハルナールなどの薬で我慢していたからだろうと言われています。対策としては夜3度起きていたのが今夜は2度起きるようになれば幸いと思うことだとも言われています。術後、特に目立って支障を感じますのは尿道に来た尿が一旦急ブレーキのようにキュンとするような浸みるような痛みがあり止まります。そして下腹部にまた力を入れて尿を出すはめになっています。尿道の奥なのか先端の部分で一旦ストップするのか分かりませんが私の感覚では先端のような気もします。6月に大手の泌尿器科にかかりますが何か解消できる療法などアドバイスいただけますでしょうか?よろしくお願いします。

謹啓

前立腺のレーザー治療を受けた後では、焼灼後の炎症が有りますのでしばらくは前立腺炎を生じているようです。一般的に、前立腺炎は長引くことが多いので、何ヵ月も治らないことが多いようです。あなたの場合も6ヶ月前に受けたレーザー手術の後が、もしかするとまだ完治していないで、前立腺炎が有って、そのために頻尿や排尿時の痛みが有るのかもしれません。そこで、炎症がひどくならないようにお酒や激しい運動、長時間の坐位や運転を控えるなどの用心をしましょう。そして、セルニルトン、エビプロスタット、猪苓湯合四物湯、柴苓湯などの抗炎症薬や前立腺の症状を抑える薬をのんだ方が良いかもしれません。いっぽう、前立腺癌についても、可能性が皆無では 有りませんので、すでに PSAを調べてもらっているかもしれませんが、念のためにもう一度検査をしてもらいましょう。

では、お大事に。敬具 泌尿器科いまりクリニック 院長 小嶺信一郎

2013/12/28 23:04

再度、よろしくお願いします。@@@病院で神経因性膀胱と診断されました。膀胱出口を切開して広げる手術が出来る所で少しでも改善したいのですが先生の所ではやっておりますか?現在、ウブレチドを処方されていますが効果が薄くなりました。服用を始めても昼間は夜間程はないのですが最初の尿が出る際はしみる痛みで中断しました。夜間は深夜から朝にかけて3回程頻尿で起こされ便座に座って力まないと尿が出ません。時間をかけての尿出しで困っています

謹啓

泌尿器科いまりクリニックでも膀胱の出口を広げる手術(経尿道的に膀胱頚部切開術)を行っています。しかし、もしも神経因性膀胱で排尿力が低下している場合には、膀胱頚部切開術を行っても結局排尿できないでカテーテル留置状態になった方が何人か居られます。あなたの場合ももしかすると排尿力が弱いのであれば、せっかく膀胱頚部切開術を行っても排尿状態が改善しないかもしれません。

そして、手術を受ける前に本当に膀胱の出口が狭いのか、レントゲンでの尿道造影や内視鏡検査で確認しましょう。

いっぽう、膀胱の出口を広げる薬としてハルナールなどが有りますが、今から再度飲んでみてはいかがでしょうか。もしも飲んでも効果が少ない時には、2倍量を飲めば、副作用も増えますが、排尿が良くなるかもしれません。

もしも膀胱頚部切開術を受けるのであれば、効果が無いと言う覚悟も必要と存じます。そして、手術は近所で受けたほうが通院などに便利と存じます。

では、お大事に。敬具 泌尿器科いまりクリニック 院長 小嶺信一郎 。

ボタン泌尿器科いまりクリ ニック表紙に戻る

ご意見と返事 219

2013/12/15

泌尿器科いまりクリニック

HPをみて初めて問い合わせをさせて頂きます
■個人情報
@@@と申します。個人を特定する情報は、38歳、男性
東京都@@@@@市@@@@@@町@@@@@@番地@@@@@@す。

■質問事項
慢性前立腺炎の残存症状を完全に治療するため、尿路洗浄(消毒薬の注入)、抗生剤の点滴治療(パシル1000mg)を実施して頂けないでしょうか。(東京からでも通院します)

■治療のおおまかな流れ
平成19年4月ころ細菌性急性前立腺炎、抗生剤投与により急性期の症状は落ち着く。しかし、その後、慢性前立腺炎となり、7件のドクターショッピングを繰り返す。非細菌性と言われ続け、腑に落ちないながらも整体や鍼灸治療で体調不良をしのぎ続ける。平成25年6月、尿と前立腺液の培養検査を受けたところ、原因菌検出。抗生物質投与による治療が始まる。

■原因菌
連鎖球菌β溶血性、α型ともに検出

■投薬を受けた抗生剤(平成25年6月より)
●クラビット約2週間投与(ニューキノロン系)

●オゼックス約3週間投与(ニューキノロン系)

●フロモックス約6週間投与(セフェム系)

●漢方薬ツムラの25番(ケイシブクリョウガン)が続く。

■症状の推移
●他覚所見
(1)前立腺の腫れ具合(エコー検査)
平成25年6月 19cc
      8月 16cc
     11月 14cc
     12月 12cc
(2)尿検査
9月頃より尿からは菌は検出されなくなった。

●自覚症状
抗生剤治療により症状は8割方改善した。しかし、下腹部の痛みについてはとれず、関節痛も気になり、前立腺の炎症が残っていると思わざるを得ない。

最悪時の状況(尿漏れ、排尿障害、下腹部痛、末梢神経の血行不良、腰周辺の関節痛)を思えば、相当楽にはして頂いたが、
?下腹部痛で寝付けなかったり、
?運動をするとすぐに息が上がってしまうような感じ、
?排尿の勢いにバラツキがある
?何よりも、精子の勢い、量が少なく、とても不安で不安で仕方がない・・・
という症状が残っています。

■現状
現在の主治医(@@@医師)には大変感謝しているものの、これ以上の治療は難しいと示されたため、新たな治療方法を模索しているところです。

■質問の意図
選択肢?尿路洗浄(消毒薬注入)
前立腺部尿道へ消毒液を注入により、前立腺内部組織へ消毒薬を注入することで治療効果を得たとの情報をネット上で知り、興味を持ちました。

選択肢?(パシル1000mgの点滴)
現在の主治医は、耐性菌の出現を懸念して抗生剤の投与は必要最低限に利用するという発想のされ方をしているように感じます。その発想はごもっともなのですが、辛い症状や不安が残る身としては思い切った手を打ちたいというのも本心ではあります。

考え:どちらかというと、前立腺に膿が溜まっている、抗生剤治療後に多剤耐性菌が残ってしまったとしても少量ではないか、と考えていて、選択肢?の方法による治療を検討しています。
相当、勉強はしたものの、やはり素人なのでリスクとリターンの見極めが出来ず、ネット上での情報をたよりに貴医院へ問い合わせをしてみたところなのです。

ご多忙の折、恐縮ですが、返信頂けますと幸いです。できましたら、通院による尿路消毒を希望しています。よろしくお願い致します。

謹啓

慢性前立腺炎でお困りのことと存じます。ご要望の前立腺尿路洗浄は、初めに当方が洗浄して、その時に洗浄の仕方を指導し、洗浄液としてイソジンあるいはそのジェネリック薬品とネラトンと注射器を実費で購入して、ご自分で洗浄してもらうことで通院回数が最小限になるようにしています。パシルについては当院では使用していませんがご希望でしたら購入しますし、目安としては5回か7回くらいの連日点滴と存じます。

さて、私個人的な意見では、あなたの場合は洗浄にしてもパシルにしても、今までの経過から考えますと劇的な効果は無いかもしれません。強いご要望であれば行いますが、それよりも慢性前立腺炎の治療としては、日頃からの用心も必要に存じます。つまり、お酒や長時間の坐位や運転などを控えて、無理をしないこと、もしも糖尿病などの病気が有ればその治療を行うことなどが必要と存じます。パシルの点滴はわざわざ伊万里までおいでにならずとも、橋本クリニックなどの近医に訳を話して丁寧に依頼すれば(頼み方がカギでしょう)点滴してくれると存じます。そして、漢方薬は炎症を抑える柴苓湯や大柴胡湯、小柴胡湯などとそれに加え免疫を高める補中益気湯を内服し、同時にセルニルトンも効果が有るかもしれません。排尿の勢いを改善するαブロッカーとしてユリーフ、ハルナールやフリバスも是非同時に飲みましょう。ご馳走や牛乳を控えてフルーツや野菜類をよく食べるようにしましょう。もしもタバコを吸っていれば禁煙しましょう。精子の運動や数の改善にはビタミンEが必要でしょう。

あなたの場合は、関節炎も有ると言うことで上記の食事や生活習慣の改善で関節痛も改善するかもしれません。すぐに伊万里にと言うことでは無くて、伊万里においでになるには、まず以上のことをしばらく行ってからにしましょう。

では、お大事に。敬具 泌尿器科いまりクリニック 院長 小嶺信一郎

ボタン泌尿器科いまりクリ ニック表紙に戻る

ご意見と返事 218

On 2013/07/30

初めまして 前立腺癌の病気を調べてるうちにこのコーナーを知りました よろしくお願いします。63歳の男性です現在無職です。結婚してます2012年6月にPSA(21)で 前立腺生検を受けがんと診断されました すぐに手術はできずホルモン療法(注射と薬)で治療PSA(0.05)も下がり癌も小さくなってきたので2013年4月初め腹腔鏡にて前立腺全摘手術を受けました勃起神経 精嚢 リンパ節をとったとのこと 組織検査で前立腺の外側にがん細胞有リンパ節も腫れてると言われたんですが 組織検査ではがん細胞なしリンパに転移はないとのこと 骨シンチもなし  きれいに取れたとのこと 摘出後50日目のPSAは0.01尿漏れはほとんどなくなり 座ってるときとか力を入れたとき少し出るぐらいです
尿漏れで陰部を洗ってるとき(陰嚢とか陰茎)気づいたんですが 陰茎が短くなったみたいに奥に引っ張られて根本がくぼんでるんですが仕方のないことなんでしょうか
又洗ってるうちに 射精をするときみたいな感じになり そのまま洗い続けると射精感があり会陰部が痛くなります(勃起はしてません)少し大きくなる程度で 固さも少し硬いかなぐらいです 精子はどこにいってるんでしょうか 精管はどこまであるんでしょうか
ホルモン療法のときは性欲もあまりなかったんですが 最近は少し出てきたみたいで射精感だけでもあれば満足とはいかないけれどこれも一種の自慰になるんでしょうか またこのまま射精感を感じても問題はないんでしょうか 会陰部の痛みはどこから来てるんでしょうか
よろしくお願いします  主治医の先生には面と向かってなかなか聞きにくいです

京都府@@@@@市@@@@@@町@@@@@@番地@@@@@@
 @@@
TEL&FAX@@@

謹啓

前立腺全摘を受けてたいへん御心労でしたと存じます。

さて、前立腺とは精液を造る臓器ですので、前立腺が無い今となってはもう精液は造れませんし、射精も無いと存じます。いっぽう、精子は精巣で造られますが、精巣から前立腺まで精子を運ぶ精管は手術の際に途中で結紮されていますので、パイプカットをされたことと同じ状態です。精子はそのまま精巣の中に残っていますが、次第に充満するのでいずれもう精子は造られなくなるでしょう。射精が実際に無くても射精感は有りえるかもしれません。そして、臓器が無くても中枢神経が残っていますので、感覚が残っているようです。切断した腕や足の先が痒いとか言ったもの(幻肢痛)のようです。射精時の会陰痛は同じく感覚だけが残ったものかもしれません。

以上が一般的な事項ですが、実際問題として、このような状態の場合に、はたして射精感が有るかどうか、そしてその程度などは個人差があると存じます。いかがでしょうか。私はこれ以上は判りませんが、射精感など有るのか、よろしければ判れば逆に教えて下さい。

では、お大事に。敬具 泌尿器科いまりクリニック 院長 小嶺信一郎

On 2013/08/01,

いまりクリニック 小嶺 院長 先生 様

さっそくの御返事ありがとうございます。誰にも聞けなかったのですが少しすっきりしました。射精感はあります。 勃起はしてませんが陰茎の亀頭部分に刺激を与えていると射精するときみたいに快感が走ります。思わず精液がでてるんじゃないかと思うほどです。その時に会陰部が痛くなります家内とはまともなSEXはできませんがお互いに手で刺激を与えてる次第ですこのまま痛みを感じながら続けてもいいものなんでしょうか?又陰茎の根元がくぼんでいるのは(陰茎が体側に食い込んでる)尿道と膀胱を縫い合わせるとき尿道が短くなった分だけ中に入ってるみたいなんですが、膀胱が下がってきて食い込みが治ることはないでしょうか。質問ばかりですみません  よろしくお願いします。

謹啓

手術に関しては、手術前後に実際に拝見しておりませんし、どのように尿道と膀胱を縫合したのかも詳しく知りませんので、主治医にお尋ねになってはいかがでしょうか。

射精時の会陰痛は陰茎や尿道周囲の筋肉が収縮する為かもしれません。そのこと自体には別に害は無いような印象がします。勃起については、シリアスやバイアグラが有りますので、利用されてはいかがでしょうか。

では、お大事に。敬具 泌尿器科いまりクリニック 院長 小嶺信一郎

2013/8/3

小嶺 院長先生 様

何の面識もない私ですが丁寧ご返事ありがとうございました

ボタン泌尿器科いまりクリ ニック表紙に戻る

ご意見と返事 217

On 2013/07/25

泌尿器科 いまりクリニック院長 小嶺信一郎様

お忙しいところ申し訳ありません。はじめまして、よろしくお願いします。 
大阪府@@@@@市@@@@@@町@@@@@@番地@@@@@@
@@@54歳
0@@@@
2013年7月5日に前立腺癌全摘手術をうけました。手術は成功して、7月19日に退院したのですが尿道からドレインを抜いて、その日から散歩をしているのですが、1時間程散歩すると決まって尿道から出血するようになり、散歩をやめ安静していると出血はしません。2.3日散歩をやめて安静にして、また散歩をすると出血すつといった具合です。水分を多く取ってもうしばらく安静していれば出血はおさまるでしょうか?おそらく、出血した箇所の瘡蓋が剥がれたのではないでしょうか?どれぐらいの期間 安静すればいいでしょうか?宜しくお願いします。

謹啓

前立腺癌全摘手術を受けられ、とても御心労のことと存じます。さて、あなたの場合はまだ手術後1ヵ月にもなっていませんので、傷の治りもまだ完治していないでしょうし、手術後の炎症もまだ急性期で活発かもしれません。一般的に手術の傷が完治するには半年くらいかかるように存じます。手術直後は傷の周囲が硬く腫れていますが、次第に腫脹も減ってきて柔らかくなり、正常の柔らかさに戻るのに半年かかるようです。

そして、手術の経過が良くてすぐに正常の活動をする人は、結局は無理をしている訳で、いずれ体調を崩して後がかえってこじれることが有るようです。その反対に手術後の経過が思わしくなかった人は用心して、慎重に養生するので、かえってその後の経過が良いようです。

あなたの場合はまだ手術直後と言って良いような状態ですので、今後少なくとも1カ月間は無理をなさらず、散歩や運動を控えて准安静にしましょう。その間は長時間の坐位や運転、お酒も止めておきましょう。私個人としては、過剰な早期離床、早期運動には同意しません。結局人間の体は強そうで弱いものと存じますので、しばらく退屈でしょうが用心しましょう。

では、お大事に。敬具 泌尿器科いまりクリニック 院長 小嶺信一郎

2013/7/47

泌尿器科 いまりクリニック院長 小嶺信一郎様

早速、回答して頂きまして有難うございました。現在、54歳で早期職場復帰を考えておりましたので
少々焦っておりました。言われてみれば、手術後まだそんなに経っていないのに性急すぎました。
先生の言われるとおり、1か月位のんびり静養し、体調を診ながら職場復帰をしようと思います。
有難うございました。

ボタン泌尿器科いまりクリ ニック表紙に戻る

ご意見と返事 216

On 2013/06/07

いまりクリニック 院長さま

以前(25年度 No19)に父の前立腺がんのことでアドバイスをいただき
ありがとうございました。その後のことで,再度ご意見を伺いたくご連絡させていただきました。

名前:@@@
性別:男
年齢:71歳
住所:静岡県@@@@@市@@@@@@町@@@@@@番地@@@@@@
電話:@@@

これまでの経過
2012年12月:PSA82
生検6か所中4か所からがん細胞あり,GS8
       CT,骨シンチ,MRIの結果 肺,恥骨,坐骨に転移あり
2012年12月28日:カソデックス服用開始(毎日),(本を見て)済陽式食事療法を始める。
2013年1月11日:リュープリン注射開始(月1回)
2013年1月28日:PSA→13
2013年2月14日:PSA→4.1
2013年3月28日:PSA→2.6
2013年4月24日:PSA→1.6
2013年5月30日:PSA→2.5
PSA値はこのような経過をたどっております。

4月に済陽先生のいるクリニックでPET-CTを撮った際には,肺転移も(消失し)見当たらず,経過良好とのことでした。ところが,5月に入り体調を崩し肺炎で入院し,(1週間入院し,退院しましたが治りきっておらず,現在も再入院中)さらにはPSAも上昇してしまいました。

主治医は,この一か月はカソデックス・リュープリンともに中止して様子を見て,次回から違う薬に変えるとおっしゃったそうです。自分がついていかなかったために,主治医に詳しいことを聞けなかったので,先生にお伺いしたく存じます。

@このように,PSAが0.9も上昇している場合,もうホルモン剤が効いていないということでしょうか。
Aまた,もう違う薬に変えるというのは,小嶺先生としてはどうお考えになりますでしょうか。こういった状況で,打つ手としては,薬剤の変更以外にありますでしょうか。
Bホルモン療法開始半年以内で,上昇しているということは,違う薬にしても,長くは効かないものでしょうか。
C4月から5月にかけて仕事などで,体を酷使しその結果として肺炎にかかってしまったのですが,体調の悪化や肺炎治療(抗生剤を投与しています)と,前立腺がんの悪化(PSAの上昇)は関係ないのでしょうか。

お忙しいところ,大変恐縮ですが,お返事をいただけますと幸いです。よろしくお願いいたします。

謹啓

お父様がご闘病中でご心配のことと存じます。

さて、沢山ご質問が有りますが、実際に診察もしておりませんので、一般的なことしかお答えできません。お父様の場合は少しPSAが増加しておりますが、一般的には3回連続して増加した場合に再燃と言うようです。そこで、お父様の場合はまだPSAが1回のみ少し増加しただけですので、実際に再燃しているかどうか不明です。次回の検査ではPSAが減少しているかもしれません。今後の経過観察が必要でしょう。

もしも再燃していれば、他のホルモン剤に変更したり、ホルモン剤をすべていったん中止してみたり、あるいは、抗癌剤に変更するなどの選択が有りますので、相談する必要が有るとじます。何れにせよ、次回のお父様の受診にはあなたも同席されて、ご一緒に話を聞く必要が有ると存じます。

では、お大事に。敬具 泌尿器科いまりクリニック 院長 小嶺信一郎

件名: RE: ご意見をお願いいたします
日時: 2013年6月20日 10:56:37 JST
宛先: 小嶺 信一郎 <imarihi@po.saganet.ne.jp>

小嶺先生

お忙しい中,ご意見いただきありがとうございました。ちょっとでも心配なこと,わからないことを相談できる先生がいてくださって本当に感謝しています。いつもありがとうございます。また,何かありましたらよろしくお願いいたします。

ボタン泌尿器科いまりクリ ニック表紙に戻る

ご意見と返事 215

On 2013/04/22

小嶺先生

先日はありがとうございました。その後、骨転移も浸潤もないことがわかり、おかげ様で、数ある治療方法の中から、ゆっくり選べる状態です。

お医者様からの説明で夫はまだ若い為、30年生きることを考えた場合、放射線の二次発がんや再発時に二の手が無いことを考慮するとロボット手術が良いのではないかと勧められています。私達もそのつもりでおりますが。地の利などを考え、今は、どの病院でロボット手術を受けるか検討中です。ただ、その前に、気になっているのがHIFUです。(自費は承知です。)

ある本に老人向きと書かれていたので、当初は気にも留めていなかったのですが最近の週刊新潮の記事に紹介されていた内容やHIFUのHPによると、老人と限ったものではないことがわかったのとまだ働き盛りの夫には、合併症が少ないことや、短期間で済むのが何よりの魅力でした。(一時のこととは言え、会社を長く休むことも、尿漏れで勤務するのも正直負担です。)夫のような状態でもHIFUはいいのでしょうか。

先生のお立場で許される範囲で構いませんのでちょっとした情報でも教えて頂けるとありがたいです。無理は申しません。

現在の夫の状態はPSA8(4月現在) グリソンスコア6(3月現在)生検は、8本中2本左右からがんが見つかっております。よろしくお願いいたします。

岐阜県@@@@@市@@@@@@町@@@@@@番地@@@@@@
@@@ 48歳  夫 53歳
0@@@@@@@@@@@@@@

謹啓

残念ですが私自身はHIFUの経験が皆無ですので、実際に行っている所でお尋ねになってはいかがでしょうか。

お役に立てませんでしたが、ご容赦下さい。では、お大事に。敬具 泌尿器科いまりクリニック 院長 小嶺信一郎
件名: Re: HIFUについて
日時: 2013年4月24日 13:00:20 JST
宛先: 小嶺 信一郎 <imarihi@po.saganet.ne.jp>

小嶺先生

ご連絡ありがとうございます。不躾な質問であったにも関わらず早速にお返事頂戴しまして感謝申し上げます。

件名: お礼
日時: 2013年5月17日 9:00:38 JST
宛先: 小嶺 信一郎 <imarihi@po.saganet.ne.jp>

小嶺先生

先日は、お返事をありがとうございました。

あの後、あれやこれやと迷いましたが。結局はダヴィンチ手術を8月上旬に受けることで落ち着きました。宣告されてから、有難いことに数々の治療法があることで、身も心も右往左往致しましたがご親切に質問にお答え下さったことで随分と落ち着くことが出来ました。治療法を決まりましたご報告とともに、私達のような貴クリニックとは縁のないような者にまでお付き合いくださったことに心から感謝を申し上げます。
ありがとうございました。先生の益々のご活躍とご健康をお祈り申し上げます。



ボタン泌尿器科いまりクリ ニック表紙に戻る

ご意見と返事 214

On 2013/04/22

泌尿器科いまりクリニック様

初めてメールさせて頂きます。現在、地元の泌尿器科に通院している61歳の男性です。症状としては、座ると膀胱に違和感(膨張する感覚)を感じて通院しました。医院の診断は、前立腺炎といわれ、竜胆潟肝湯とセルニルトンで約2ヶ月間に亘 り治療しましたが症状の改善が見られません。

ところで、ご質問なのですが、私の場合は、排尿障害もあり前立腺炎であると思 いますが、一年ぐらい前から糖尿病の関係で体重を落としてから、お尻の筋肉も 落ちてしまい、椅子などに座ると尾?骨が痛くなりました。このような状態で、長時間に亘り椅子などに座っていたため、尾?骨の中央にあ る前立腺炎に負荷がかかり発症したのではないかと思われます。したがって、いままで通りの薬の治療では症状が改善されないと思われます。私のような場合の対処法ついて、先生のご指導をいただければ幸いです。お忙しいところ申し訳ありませんが、どうかよろしくお願い致します。

氏名:@@
年齢:61歳
性別:男
住所:神奈川県@@@@@市@@@@@@町@@@@@@番地@@@@@@
電話:0@@@

謹啓

坐位で膀胱部の違和感が有り、前立腺炎として2ヶ月間治療しても変化が無いと言うことですね。そのような方が時々居るようです。前立腺が大きい場合は特にそのような症状が出るようですし、糖尿病が有れば前立腺炎を繰り返したり長引くようです。

あなたの場合もすでに長引いているようですので、気長に治療を続ける必要が有るかもしれません。そこで、座り方に工夫して、横座りをすることや、ドーナツのような穴が開いたり中央がへこんでいるような丸い円座を使用する。なるべく座らないでたって作業をするなどを心がけましょう。そして、糖尿病の管理も必要ですし、お酒を控えることも必要でしょう。さらに、薬を変更して、柴苓湯や、小柴胡湯、エビプロスタットなども良いかもしれません。前立腺そのものが大きい場合には前立腺を小さくする薬:アボルブがよいでしょうが、勃起が弱くなることが副作用ですので、61歳の場合には使い難いかもしれません。

では、お大事に。敬具 泌尿器科いまりクリニック 院長 小嶺信一郎

ボタン泌尿器科いまりクリ ニック表紙に戻る

ご意見と返事 213

On 2013/04/18

初めまして。

神奈川県@@@@@市@@@@@@町@@@@@@番地@@@@@@ @@@と申します。半年前、PVPの前立腺肥大手術を受けました。術後から今でも術前と変わることなく排尿障害に苦しんでいます。執刀の医者からは肥大はそんなに大きくないという理由で長い間ハルナールなどの薬で我慢していたからだろうと言われています。対策としては夜3度起きていたのが今夜は2度起きるようになれば幸いと思うことだとも言われています。術後、特に目立って支障を感じますのは尿道に来た尿が一旦急ブレーキのようにキュンとするような浸みるような痛みがあり止まります。そして下腹部にまた力を入れて尿を出すはめになっています。尿道の奥なのか先端の部分で一旦ストップするのか分かりませんが私の感覚では先端のような気もします。6月に大手の泌尿器科にかかりますが何か解消できる療法などアドバイスいただけますでしょうか?よろしくお願いします。

謹啓

前立腺のレーザー治療を受けた後では、焼灼後の炎症が有りますのでしばらくは前立腺炎を生じているようです。一般的に、前立腺炎は長引くことが多いので、何ヵ月も治らないことが多いようです。あなたの場合も6ヶ月前に受けたレーザー手術の後が、もしかするとまだ完治していないで、前立腺炎が有って、そのために頻尿や排尿時の痛みが有るのかもしれません。そこで、炎症がひどくならないようにお酒や激しい運動、長時間の坐位や運転を控えるなどの用心をしましょう。そして、セルニルトン、エビプロスタット、猪苓湯合四物湯、柴苓湯などの抗炎症薬や前立腺の症状を抑える薬をのんだ方が良いかもしれません。いっぽう、前立腺癌についても、可能性が皆無では有りませんので、すでに PSAを調べてもらっているかもしれませんが、念のためにもう一度検査をしてもらいましょう。

では、お大事に。敬具 泌尿器科いまりクリニック 院長 小嶺信一郎


問い合わせーPVP前立腺肥大手術後半年経ちました。
日時: 2013年4月19日 12:53:08 JST
宛先: 小嶺 信一郎 <imarihi@po.saganet.ne.jp>

早速の回答、どうもありがとうございます。年齢が56歳であることを知らせず失礼しました。―ーー夜明け頃2度は尿意で起こされますが便座に座って力んで尿を排出させますが時間がかかります。眠気が強いと出づらくなってしまうことがありますか?加えて尿道炎のように排尿時しみる痛みが辛いです。特にキュツとするような痛みが
大きく悩まされます。再度、よろしければ御回答いただければ幸いです。よろしくお願いします。

ボタン泌尿器科いまりクリ ニック表紙に戻る

ご意見と返事 212

On 2013/03/31

こんにちは。初めまして。教えて頂きたい事があってメールしました。

今年の1月下旬に彼女と性行為をして数日後の朝に尿道からクリーム色の膿が出ました。去年の12月上旬にクラミジアと淋病になって彼女と治療して治ったのですが、まだ残ってたかなと思い泌尿器科に行ってみましたが菌は検出されませんでした。雑菌が多少見られたので雑菌じゃないかと言うことで、炎症と痛みを抑える薬(名前は失念してしまいました)を処方されました。それから薬を3月の中旬まで飲んでいたのですが朝一の膿が止まらず、3月11日からビブラマイシンを2週間分処方されて飲みました。飲み始めて10日程で朝にしぼっても膿が出なくなり、3月26日の検査でも尿に濁りもなくエコー検査もしましたが膀胱、腎臓、前立腺に異常無しでした。ところが先日、搾ってみるとまた膿が出てきました。これは慢性化してしまい、炎症がまだ治って無いと言うことでしょうか?
また、疲れや精神的(ストレスなど)で症状が出ることがあるのでしょうか?

名前 @@@
性別 男
年齢 28歳
住所 長野県@@@@@市@@@@@@町@@@@@@番地@@@@@@
電話 @@@@@

謹啓

以前、あなたと同じような方が居ました。治療しても何度も膿が出ていましたが、治療を続けるうちに次第に膿が出なくなり、1年以上かかってようやく完治したようです。慢性前立腺炎になっていて、前立腺に膿が溜まるようになっていたのかもしれません。あなたの場合もエコーでは異常が無かったかもしれませんが、前立腺をマッサージすると膿が出るのかもしれません。

そこで、抗菌剤だけでなく前立腺の炎症を抑える薬も同時に飲みながら、気長に治療しましょう。そして、自分でも用心して、お酒を控えて、前立腺に負担をかける長時間の剤や運転などの無理をしないように用心しましょう。さらに、再度性病にかかっていないかもう一度検査を受けましょう。

では、お大事に。敬具 泌尿器科いまりクリニック 院長 小嶺信一郎

件名: 小嶺 信一郎 様
日時: 2013年4月1日 12:06:19 JST
宛先: 小嶺 信一郎 <imarihi@po.saganet.ne.jp>

こんにちは。お忙しい中お返事ありがとうございます。エコーで異常が無くても慢性前立腺炎になると前立腺に膿が溜まる様になってしまうこともあるのですね。勉強になりました。また近々泌尿器科に行ってみようと思います。ありがとうございました。

ボタン泌尿器科いまりクリ ニック表紙に戻る

ご意見と返事 211

On 2013/03/19

前立腺がんの治療:放射線と手術の関係について

昨日、夫と一緒にがんであることと、詳しい説明を聞いたばかりの者です。帰宅後、このサイトを拝見して、先生に聞き洩らした疑問がいくつか解消されて助かりました。ありがとうございます。これから治療を選択していくのですが、素朴な疑問がありますので、教えて頂けないでしょうか。「放射線治療を選んだ場合、手術を後でしたくなっても出来ません。」と教えられたのですが、それは、放射線治療が終わって何年かしたら手術出来るのが
放射線を選んだ以上、永遠に手術は出来ないのかを教えてください。

手術と放射線治療の一長一短は聞いておりますが手術が一番根治出来る確率が高いと聞くと、放射線でもしダメだった場合に策が無いかと思うと手術を選んだ方がいいのかと迷います。

判断材料のひとつにしたいので、お忙しいところ恐れ入りますが上記の疑問点よろしくお願いいたします。

岐阜県@@@@@市@@@@@@町@@@@@@番地@@@@@@ @@@ 47歳  夫 53歳 0@@@

謹啓

一般的に、前立腺癌の放射線治療を行った後では、手術は永久に無理のようです。放射線治療は癌が死ぬくらいのかなり抗線量を照射します。そこで、癌だけでなく癌の周囲の組織にも放射線が当たるので、放射線障害により組織の炎症が起こり、組織がボロボロになるようです。そのために手術が非常に難しくなり、たとえ何とか手術が出来たとしても傷の治りが困難になります。傷が塞がらないかもしれません。放射線勢の炎症は何年たっても完治しませんので、いつまでも、手術は無理のようです。

以前、放射線治療後の方の膀胱を手術したことが有りますが、膀胱がボロボロになっており、縫合の際に縫っても縫ってもボロボロ裂けてしまい、十数分で終わる所が数時間もかかりました。もうこりごりです。

いっぽう、たとえ、放射線でもしダメだった場合にもホルモン治療や化学療法、そして食餌療法などがありますので、治療が出来ないわけでは有りません。

では、お大事に。敬具 泌尿器科いまりクリニック 院長 小嶺信一郎

件名: Re: 前立腺がんの治療:放射線と手術の関係について
日時: 2013年3月21日 21:14:08 JST
宛先: 小嶺 信一郎 <imarihi@po.saganet.ne.jp>

小嶺先生

ほんとに納得のいくお答えに、心から感謝しております。どこを見ても、出来ないとしか書いて無く、「傷が出来るから」と書かれていても、それでは治る頃には手術出来るのでは?という疑問が湧いて納得できませんでした。

これで、選択肢がよりはっきりしてきました。明日の主治医の先生との面談までに間に合いました。早速のお返事にも感謝申し上げます。元気を出して、頑張ります。小嶺先生のご健康とご活躍もお祈り申し上げます。

ボタン泌尿器科いまりクリ ニック表紙に戻る

ご意見と返事 210

On 2013/02/23

いまりクリニック 院長さま

はじめまして。お忙しいところ,突然のメールにて失礼いたします。父が昨年末より前立腺がんを患っており,
前立腺がん,さらには食事療法などの情報をインターネットで集めておりましたところ,貴院のHPを拝見いたしました。そして,アドバイス,ご意見を伺いたくご連絡させていただきました。
     
名前:@@@@@
性別:男
年齢:71歳
住所:静岡県@@@@@市@@@@@@町@@@@@@番地@@@@@@
電話:0@@@
これまでの経過
2012年11月中旬:肉眼的血尿が3日ほどあり泌尿器科を受診
         (毎年の健診でもここ3年ほど±の血尿があった。)
         PSA→82,更に一 =54V8e$N8!::$G$O131に上昇
2012年12月:生検6か所中4か所からがん細胞あり,GS8
       CT,骨シンチ,MRIの結果 肺,恥骨,坐骨に転移あり
2012年12月28日:カソデックス服用,(本を見て)済陽式食事療法を始める。
2013年1月11日:リュープリン注射
2013年1月28日:@@@に転院 PSA→13
2013年2月14日:PSA→4.1
このような経過をたどっております。

家族としましては,少しでも良い方向に改善してほしいと思っていますし,改善するものであれば何でもやっていきたいと思い,済陽式の食事療法を取り入れました。ただ,主治医は食事をそこまですることはないと言い,
また !$:QM[@h@8$N%/%j%K%C%/$r<$m$7$F$/$l$^$;$s!#なので,食事療法に関して手探りの状態でわからないことが多い状況です。貴院のように様々な面から統合的に治療していただけるところが近くにあればよかったのですが。。

そこでがんの食事療法などに関してお教えいただきたいことがあります。
@カソデックス服用後(食事療法開始後)からALPが100くらい上昇し(350→450くらい)400台を行ったり来たりしているのですが,この値は問題ないのでしょうか。
A血液検査の結果,カリウムの値がはかるたびにほんのわずかずつ上昇,ナトリウムの値がほんのわずかずつ減少し,前回の結果はどちらも少しずつ正常値をこえてしまったのですが,このまま食事療法を続けていても問題ないでしょうか。
B本人は食欲が旺盛ですが,やはりカロリーは制限した方がいいのでしょうか。一日にどのくらいが目安になるのでしょうか?
C骨に転移しているのですが,カルシウムは極力とるべきでしょうか。また,済陽式の食事療法の場合,どうカルシウムをとっていくべきでしょうか。
Dここ数日片足の太ももに,違和感というかしびれがあるようですが,食事療法のためでしょうか。または転移している骨の影響によるものでしょうか。

お忙しいと存じますが,お時間があります時にご返答いただけますと幸いです。何卒よろしくお願いいたします。

謹啓

お父様が前立腺癌にかかられて御心労のことと存じます。

さて、血性カリウムが増加するのは食事も原因かもしれませんが、それよりも腎機能が問題かもしれません。腎機能が低下しますとカリウムが増加傾向になりますが、いかがでしょうか。その点については主治医と相談されれば良いと存じます。

アルカリフォスファターゼも骨転移があると増加しますが、その点については骨転移が収まると減少するようですので、骨転移を診る目安になるようです。

カルシウムについては野菜の中に充分含まれますので、特にカルシウム剤などの必要は無いように存じます。(牛は草から牛乳を作りますので)そして、きちんとした菜食であればカロリーについてはあまり気にせずに好きなだけ食べれば良いようです。実際に野菜をそれほど心配されるように多く食べることは無理のように存じます。

お父様の場合はきちんと治療もされて順調のように存じますので、今後の細々としたご質問は主治医にされるようにしましょう。そして、調べるのであればネットだけでなくて食餌療法に関した本・文献も読んで置かれたほうが良いと存じます。

では、お大事に。敬具 泌尿器科いまりクリニック 院長 小嶺信一郎

件名: RE: はじめまして
日時: 2013年2月26日 4:21:07 JST
宛先: 小嶺 信一郎 <imarihi@po.saganet.ne.jp>

いまりクリニック 小嶺院長さま

早速のご返答ありがとうございました。検査の結果,そして手探り状態で行っている食事療法に関して,少しでも変化がありますと些細なことであれ,心配・不安になってしまいます。それを素早く解消し,安心を与えてくださった先生に感謝申し上げます。

今後も主治医と相談しながら治療をしていきますが,また何かわからないこと,主治医とは考えが異なることがありましたら,また相談にのっていただけると幸いです。その際はよろしくお願いいたします。
本当にありがとうございました。

ボタン泌尿器科いまりクリ ニック表紙に戻る

ご意見と返事 209

On 2013/02/20, at 18:00

泌尿器科いまりクリニック 院長 小嶺様

現在、前立腺がんの治療中で、前立腺がんについて情報収集しております73歳の男性です。検索中に貴サイトにたどり着きました。お言葉に甘えて治療法についてお尋ねいたします。
名前 @@@@@ 年齢73歳 男性 
住所 愛知県@@@@@市@@@@@@町@@@@@@番地@@@@@@
電話 0@@@@
病歴
1.2011年9月に鮮血尿で膀胱がん発症。10月膀胱がんで愛知県内の@@@@病院で切除手術。組織検査の結果はpT1で移行上皮がん、比較的高範囲な非乳頭型、型の悪さはG2からG1とのことでした。その後週1回の抗がん剤注入治療を10回実施。それから3ヵ月毎の膀胱鏡検査を行っています。
2.2012年5月に自分のがん体質を心配して、別の病院でPETを受診したところ前立腺がんの疑いありとの結果を受け、PSA血液検査を行う。結果は11.7の陽性。                          3.そこで前立腺生検を行うことになり、5月末に実施。6月初旬に結果が出た。2ヵ所/8にがんが見つかり、グリーソンスコア4+3=7、T2aN0M0のがんと判断されました。
4.@@@@病院の主治医先生から2つの治療法提案があった。A.放射線外照射 2.全摘出手術のどちらかを選択するように言われました。主治医の先生は放射線治療時に一部の放射線が膀胱に当たることにより膀胱がん再発予防になることを期待してAを推奨する口ぶりであった。しかし、医学的知識は無く決めようがない為に2病院にセカンドオピニオンを求めました。
5.2病院ともに全摘出手術を勧められました。ただ手術時期については、即実施推奨と膀胱手術後2年待って膀胱がん再発無きことを確認してからすべきとに意見が別れました。2年待機の理由は膀胱がんは進展再発が多く、膀胱全摘出手術になることがあるが、前立腺全摘出後の膀胱全摘は癒着の為困難とのこと。
6.以上の経過から私は2年待っての手術を選択することを主治医に伝えました。そして、昨年8月末よりホルモン治療を開始しました。ホルモン薬はピカルタミド80mg1錠の毎朝服用です。
7.PSAの推移ですが、健康診断2003/3=1.9 PET検査後2012/5=11.7 2012/8=14.8 ホルモン治療後2012/10=3.12 2012/12=1.18 2013/1=0.93 2013/2=0.76 少なくとも10年前(62歳)までは前立腺がんは発症していなかったと思われます。
 前立腺がんが見つかった時はまさか!と思わず絶句してしまいました。一難去らずまた一難です。泌尿器で2つのがんが発症しているとは思いもよりませんでした。私の場合の前立腺がん治療法について先生のご意見をお伺いしたくメールいたしました。4点についてお尋ねします。
A.ホルモン治療についてですが、Web情報によればホルモン療法は(注射+経口薬)が高効果とあり多く選択されていると記載されています。現に昨年手術した友人も術前半年間この療法を行ったようです。この点を主治医に聞きますと経口で十分との返事でしたが心配です。注射薬は必要ないでしょうか?
B.済陽先生の方式を参考にして、肉は殆ど摂らず牛乳製品も低脂肪のヨーグルトのみとし、野菜、大豆、魚と玄米食中心の食生活を変えております。幸いにも膀胱がん再発は13ヵ月無いようですので手術時期を早めたいのですが可能でしょうか?先生のご意見をお聞かせください。
C.手術は平均余命から75歳までは推奨すると聞いておりました。先生は70歳ぐらいを基準とされておられるますが、このままホルモン治療継続し手術を見合わせることは可能でしょうか?ご意見をお聞かせください。
D.粒子線治療とIMRTについてお尋ねします。私の場合に2年後(今年10月)に手術する代わりに粒子線治療或はIMRTはどうでしょうか?この両者は掛り付けの@@@@病院では設備なく、主治医に質問しても分からないとのそっけない返事でしたのでお伺いします。
以上です。よろしくお願いいたします。

謹啓

膀胱癌と前立腺癌になって御心労にことと存じます。

あなたの場合は、前立腺癌は幸いに悪性度も進行度も低いので、この癌で致命傷になることはまず無いような印象がしますし、あまりご心配されなくてもよいように存じます。

最新の2012年度版前立腺癌取り扱い規約によると、あなたのような状況の場合は第一の治療法として根治手術となっております。しかし、ホルモン治療でも予後が同じような結果のようですし、あなたの場合と同じようなGS7以下、PSA15以下、生検陽性率50%以下の場合は何も治療しないで監視療法のみでも死亡例は無かったとする報告もあります。

そこで、このままホルモン治療を続けても良いかもしれません。もちろん根治手術をすればその後の再発についてはほとんど心配は無いでしょうし、ホルモン治療を続けて効果がなくなる可能性もありますので、どの治療方法が絶対と言うことは無いのです。前立腺癌にIMRT、粒子線治療はとても有効であり、お勧めできますが、粒子線の方は保険適応でないので350万円位かかるようです。今後はあなたが決定するのでしょう。

あくまでも私の個人的な意見では、無責任かもしれませんが、手術はしないでこのままホルモン治療を続ける。そして、ホルモンが効果が無くなって癌が進行してもそれほど急速では無いだろうから、可能性は非常に小さいでしょうが、もしもこれで癌死するとしても、後10年くらいは生存するでしょう。その時は平均余命を上回るでしょうから、そのように決めたら今後は後悔せずに、これでよしとする。

いっぽうあなたの場合は、膀胱癌のほうが、これからまだ再発の可能性が比較的大きいし、進行すれば致命的になる可能性もありますのでので、きちんと経過観察をする必要があると存じます。

では、お大事に。敬具 泌尿器科いまりクリニック 院長 小嶺信一郎   

件名: Re: 膀胱がん手術後の前立腺がん治療法について
日時: 2013年2月25日 16:42:24 JST
宛先: 小嶺 信一郎 <imarihi@po.saganet.ne.jp>

院長先生  小嶺様 

 大変お忙しい中、鄭重なるお返事をいただき有難うございます。私の場合の前立腺がんでは致命傷になり難いとのお話で気持ちが楽になりました。手術予定まで未だ8か月あり、先生のご教示を基に手術にするか、ホルモン治療を継続するかは主治医と相談してみます。そこで、今わホルモン療法のピカルタミド80mg服用のみですが、注射(リュープリン?)との併用について、ホルモン治療を前提として先生のお考えをお聞かせ願えませんでしょうか?再度の質問で申し訳ありません。よろしくお願いいたします。

ボタン泌尿器科いまりクリ ニック表紙に戻る

ご意見と返事 208

On 2013/01/20

小嶺信一郎様

はじめまして、突然のメール失礼いたします。

39歳 男性 先月の18日に突然の激しい尿意(ひん尿、残尿感)がありました。

3日後に近くの泌尿器科に行ったところ、尿検査(赤血球、白血球、細菌等)異常なし、エコーでも前立腺の大きさは24ccで前立腺肥大ではないと診断されました。漢方薬の清心蓮子飲を処方され、一週間後に排尿記録を持って受診したところ、尿の回数が多い(一日 10〜15回、排尿量100〜150ml)だったので過活動膀胱ということで、ステープラを処方されました。

ステープラを飲み始めると、回数は、排尿量ともに変化はなく、排尿しずらくなりました。(ステープラを飲み始めると、肛門周囲に痛みが生じました)今でも、排尿回数は変わらず、排尿のしずらさはあります。(膀胱鏡、腎臓のレントゲンを撮りましたが異常はありませんでした)気になるのは2点あります。この症状は慢性の前立腺炎の可能性はないでしょうか?(主治医はエコーの画像をみて否定しています)

あと、ひん尿になったころ、勃起しずらくなりました、今では全くしません。なにか関係あるとおもわれるでしょうか?お忙しいと思いますが、アドバイスお願いいたします。

@@@
福岡県@@@@@市@@@@@@町@@@@@@番地@@@@@@
tel 0@@@
39歳 男性

謹啓

実際に拝見しておりませんが、メールのみの検討では、前立腺炎の可能性も否定できないように存じます。そこで、ステーブラを1ないし2週間ほど飲んでみて、症状が改善しなかった場合はもう一度診察を受けましょう。そして、前立腺の触診を受けてその結果で前立腺炎が有るか検討してもらってはいかがでしょうか。その場合は他の泌尿器科を受診されても良いと存じます。いっぽう、小さな尿路結石でも同じような症状が出ることも有りますので、そのことも検査してもらいましょう。

そして、ご自分でも用心されて、激しい運動や長時間の坐位や運転、飲酒などを控えましょう。

では、おだいじに。敬具 泌尿器科いまりクリニック 院長 小嶺信一郎

件名: ありがとうございました
日時: 2013年1月25日 16:37:14 JST
宛先: 小嶺 信一郎 <imarihi@po.saganet.ne.jp>

小嶺信一郎様
お忙しい中返信ありがとうございました。
暫く様子をみようと思います

ボタン泌尿器科いまりクリ ニック表紙に戻る

ご意見と返事 207

On 2012/11/17

はじめてメールいたします。私の実父の病状についてご質問させてください。
父は平成21年4月に前立腺癌が見つかり、その後、リュープリン注射を3ケ月に1回注射をし、現在はPSAが、0.003です。この2年間はこのくらいの値をいったりきたりです。この通院の中で、平成23年12月頃より、この主治医(泌尿器科)からクレアチニンの値が悪くなってきたので腎臓内科を紹介され、現在クレアチニン5.5です。数週間前には腎臓内科のほうで検査入院し、透析準備をということでシャントの作成をすすめられましたが、クレアチニンも検査入院中横ばいで、電解質の狂いも直ってきたので、一度退院する許可がでました。できるだけ透析を避けたいという本人や家族の願いもあり腎臓食の宅配をとったり、運動を控えたり、しておりますが、私としては以前より「この限りなくゼロに近いPSAのためにホルモン注射を3ヶ月に1回打つことが、末期腎不全の父の腎臓に少しでも影響があるのであれば」少しホルモン注射をお休みしたいと思っているのですが。PSAが低くても、少したちの悪い癌(悪性度は聞いてません)だから、どうでしょうねえということを主治医(泌尿器科)がおっしゃったことがあり(これは私が直接聞いてません)どちらでもいいという風に聞こえたと家族は言ってました。
私としては、腎不全をさらに悪化させることがないのであれば、ホルモン注射を続けることに何の問題もないのですが。
お忙しい中申し訳ありませんが、ご回答よろしくお願い申し上げます。

住所   兵庫県@@@@@市@@@@@@町@@@@@@番地@@@@@@

電話番号  @@@@@@

氏名  @@@@

謹啓

お父様が何歳か判りませんのでお答えしにくいのですが、 PSAが2年間0.003であれば、リュープリンをしばらく休止して経過観察をすると言ういわゆる間欠投与を検討しても良いようです。いっぽう、腎不全とリュープリンの関係は少ないようですので、リュープリンを止めたからと言って腎不全が軽快するとは考え難く、逆にリュープリンを続けたからと言って腎不全が悪化するとは考え難いようです。

そこで、お父様がまだ60歳代くらいであれば、食餌療法をきちんと徹底させて腎不全の進行を抑える必要が有りますが、もう90歳くらいであれば、そこまでするかどうかは本人の全身状態などを考えて決定するとよいと存じます。

では、お大事に。敬具 泌尿器科いまりクリニック 院長 小嶺信一郎

件名: 御礼
日時: 2012年11月21日 16:16:58 JST
宛先: 小嶺 信一郎 <imarihi@po.saganet.ne.jp>

小嶺 信一郎 様

お忙しい中、お返事ありがとうございました。父の年齢は80歳です。先生からのアドバイスをいただき心強いです。来月17日に泌尿器科に受診いたしますので、その際きちんとこちらの希望をお伝えしてみようと思っております。本当にありがとうございました。

ボタン泌尿器科いまりクリ ニック表紙に戻る

ご意見と返事 206

On 2012/09/29

初めまして。お忙しい中 本当に恐縮ですが…私の父77歳になりますが 昨年から前立腺癌と言われて 今 治療中と言えば治療してますがまずは 女性ホルモン剤を投入しただけで 月日は流れ、7月位から左過半部の膨らみもあり 気になって自分仕事の合間に病院に行くと 脱腸 何とかヘルニアと診断されましたが脱腸手術は後回しみたいな感じです。痛みもあり医者も変えてみましたが やはり前立腺癌の治療を先にして下さい!とのこと?しかし痛みはあるし仕事の関係直ぐには前立腺癌の治療も遠退くばかりです脱腸手術は簡単とききましたから 早く出来ないのでしょうか?前立腺癌は放射線治療と言ってました仕事は家畜関係で牛飼いをしてます。

長野県@@@@@市@@@@@@町@@@@@@番地@@@@@@
@@@
0@@@

謹啓

77歳のお父様が前立腺癌とどこかの脱腸と言うことでご心配のことと存じます。

さて、前立腺癌で77歳であれば、一般的には手術は高齢のために行わないことが多いようです。そして、77歳であれば、手術を受けたほうがかえって寿命が縮むかもしれませんし、ホルモン治療も手術もその後の寿命は同じ位だからです。そして、ホルモン治療は一つの立派な治療ですし、副作用も比較的に少なく、多くの方はそれで癌を抑えることも出来るようです。

いっぽう、脱腸の手術については、入院が必要ですが、その間の牛の世話はどうされるのでしょうか。今のところ、お父様の前立腺癌が落ち着いているのかどうかよく判りませんが、もしも落ち着いているのでしたら、脱腸が大きくて痛みもあるようなので早めに手術を受けたほうが良いと存じます。そこで、一般的に、脱腸の手術は外科が行っていますので、外科に相談しましょう。その際には、いきなり外科を受診するのでは無くて、今の泌尿器科の主治医から、現在のお父様の前立腺癌の状況をまとめた紹介状をもらってきちんと受診しましょう。

では、お大事に。敬具 泌尿器科いまりクリニック 院長 小嶺信一郎

ボタン泌尿器科いまりクリ ニック表紙に戻る

ご意見と返事 205

On 2012/09/08

2012年9月8日
宛:泌尿器科いまりクリニック御中
発:兵庫県@@@@@市@@@@@@町@@@@@@番地@@@@@@ @@@@ 68歳 男 電話@@@
件名:前立腺癌全摘後の尿失禁状況に関する照会

前立腺癌の全摘手術の顛末記が多くの患者様ご自身の手でインターネットに掲載されており、私も患者の一人として参考にさせていただいています。術後の大きな弊害である尿漏れについて多くの場合、術後3ケ月目くらいに漏れが大幅に改善されるようですが、私の疑問は、徐々に改善されるのではなく、2、3ケ月目に突然、大幅に改善されるという事例が多いのはなぜかということです。わかりません。膀胱と尿道の吻合部に使われている溶ける糸が消滅する時期、自律神経回路が形成される時期などと尿漏れが突然改善される時期とが一致するようにも思えるのですが、なぜ突然改善されるのか、泌尿器科の先生のご見解をお聞かせいただけると幸いです。なお、私の場合は標準的な経過を辿り、やはり2ケ月目に漏れが少なくなりました。それまで2ケ月間は骨盤底筋体操を毎日一生懸命やったにもかかわらず全く効果がなく、悲観したものです。2ケ月目あたりから急に漏れが減り、3ケ月目には1日10CC以下になりました。突如として改善されたのです。なぜなのでしょうか???

謹啓

一般的に、前立腺全摘術によって今まで尿禁制を保っていた内尿道括約筋が摘出されて、今後は比較的弱い外尿道括約筋が尿禁制を保つことになります。外尿道括約筋はそれ自体で尿禁制を保つほど強くないので、初めにうちは尿失禁しますが、次第に訓練されてきて強くなり、ついには尿禁制を保てるようになるのでは無いでしょうか。その時間に数ヵ月を要するものと存じます。

では、お大事に。敬具 泌尿器科いまりクリニック 院長 小嶺信一郎

件名: Re: 前立腺癌全摘後の尿失禁状況に関する照会
日時: 2012年9月11日 9:59:36 JST
宛先: 小嶺 信一郎 <imarihi@hachigamenet.ne.jp>

宛:泌尿器科いまりクリニック 院長 小嶺信一郎 様
発:@@@

拝復 

外尿道括約筋の活躍によって尿禁制が保たれるようになるのですね。
長くかかる理由がわかりました。

ご多忙な中、ご教示ありがとうございました。    敬具

ボタン泌尿器科いまりクリ ニック表紙に戻る

ご意見と返事 204

On 2012/09/08

2012年9月8日
宛:泌尿器科いまりクリニック御中
発:兵庫県@@@@@市@@@@@@町@@@@@@番地@@@@@@ @@@ 68歳 男 電話@@@
件名:前立腺癌全摘後の尿失禁状況に関する照会

前立腺癌の全摘手術の顛末記が多くの患者様ご自身の手でインターネットに掲載されており、私も患者の一人として参考にさせていただいています。術後の大きな弊害である尿漏れについて多くの場合、術後3ケ月目くらいに漏れが大幅に改善されるようですが、私の疑問は、徐々に改善されるのではなく、2、3ケ月目に突然、大幅に改善されるという事例が多いのはなぜかということです。わかりません。膀胱と尿道の吻合部に使われている溶ける糸が消滅する時期、自律神経回路が形成される時期などと尿漏れが突然改善される時期とが一致するようにも思えるのですが、なぜ突然改善されるのか、泌尿器科の先生のご見解をお聞かせいただけると幸いです。なお、私の場合は標準的な経過を辿り、やはり2ケ月目に漏れが少なくなりました。それまで2ケ月間は骨盤底筋体操を毎日一生懸命やったにもかかわらず全く効果がなく、悲観したものです。2ケ月目あたりから急に漏れが減り、3ケ月目には1日10CC以下になりました。突如として改善されたのです。なぜなのでしょうか???

謹啓

一般的に、前立腺全摘術によって今まで尿禁制を保っていた内尿道括約筋が摘出されて、今後は比較的弱い外尿道括約筋が尿禁制を保つことになります。外尿道括約筋はそれ自体で尿禁制を保つほど強くないので、初めにうちは尿失禁しますが、次第に訓練されてきて強くなり、ついには尿禁制を保てるようになるのでは無いでしょうか。その時間に数ヵ月を要するものと存じます。

では、お大事に。敬具 泌尿器科いまりクリニック 院長 小嶺信一郎

件名: Re: 前立腺癌全摘後の尿失禁状況に関する照会
日時: 2012年9月11日 9:59:36 JST
宛先: 小嶺 信一郎 <imarihi@hachigamenet.ne.jp>

拝復 

外尿道括約筋の活躍によって尿禁制が保たれるようになるのですね。長くかかる理由がわかりました。
ご多忙な中、ご教示ありがとうございました。    敬具

ボタン泌尿器科いまりクリ ニック表紙に戻る

ご意見と返事 203

On 2012/09/08

はじめまして。よろしくお願いします。
前立腺ガンの治療方法、および今後の事に関して色々と悩み、様々なサイトを見ており貴医院のHPにたどりつきました。

私の父親の事です。父親は現在69歳です。

昨年12月、前立腺ガンと診断、リンパ、骨転移あります。その際は、PSA268であったが、抗がん剤、リュープリンの治療で4月にPSAは2.36まで下がりました。その後。抗がん剤のゾメタ、ニコープリンを治療してきましたが、8月時点でPSAは31.9まで上昇してきました。最近かかりつけの医師より、従来からの治療である抗がん剤(エストラサイト)、ゾメタ、ニュープリンでこのまま様子を見るか、これ以上悪化しないように、新たに「タキソテール」主体の治療に変えるか、二者択一を検討するように言われています。「タキソテール」はガンを抑える効果はあると思いますが、私は糖尿病を患っているのと、骨転移もある点で新しい治療である「タキソテール」に変えてよいかどうか大変悩んでいます。

私が色々調べた中で、やはりこのタキソテールは最終的な治療だと認識しました。そして副作用を抑えるために、ステロイドを使用することにより、
糖尿病が悪化するのだと認識しています。インスリン投与で緩和されるのだとは思いますが、
抗がん剤の副作用で、体力低下、まして糖尿病でそれほど高いエネルギーも蓄えられず、最終的には寝たきりになってしまうとも聞きます。

タキソテールでの延命が2年も3年も効果があるならば副作用を我慢すると判断するのか、それとも、タキソテールを諦め、辛い副作用と体力低下で寝たきりにならずに残された生活をたとえそれが3ケ月であっても選ぶのか悩みます。

私事ですが、結婚を控え、父を海外挙式に連れていきたいと思ってます。おそらく最後の海外旅行になろうかと感じております。それまで生きててほしい、そして旅行を楽しんでほしいと思ってます。かかりつけの医師は、二者択一を本人にゆだねました。答えを探して家族で考えなければなりません。

お忙しい中、読んで頂きありがとうございます。お返事をいただければ大変救いになります。
色々悩んで決めなければならず、答えが出ません・・・。何かアドバイスを頂ければ幸いです。

。どうぞよろしくお願いします

岩手県@@@@@市@@@@@@町@@@@@@番地@@@@@@ @@@@ 電話 0@@@@

謹啓

69歳のお父様が前立腺癌と言うことでとてもご心配のことと存じます。お父様の場合はすでにきちんと治療されて居られ、もう付け加えることはあまりございません。一般的にタキソテールは前立腺癌にたいして、ある程度の効果がはっきりとあるようです。しかし、根治するほどの効果はそれ自体には無いかもしれません。そこで、ホルモン治療も同時に行いながらタキソテールで治療することで、数年間予後が長くなるようです。以前は前立腺癌で骨転移があった場合は平均2年弱の余命しかなかったようですが、今はいろんな治療法で2年以上にずっと延びているような印象がします。

そして、ホルモン治療と抗がん剤も効果がありますが、食餌療法も同時に行ってみられてはいかがでしょうか。前立腺癌に限らず、糖尿病についても、食餌療法は効果があると存じます。いっぽうで、食餌療法が効果的と判っていながら長続きしない方が多いように存じます。つまり、いやいや退屈な食餌療法を続けるくらいなら、むしろ好きなものをたくさん食べてガンで死んだほうがましと言う方も居るようです。どちらを選ぶかは各人の自由な選択でしょう。本人の自覚が必要でしょう。私も1年以上前からベジタリアンになりましたが(正確にはビーガンです)、毎日の食事の工夫で、思ってた以上にかなりご馳走です。癌の食餌療法については泌尿器科いまりクリニックのHPなどを参考にしましょう。

では、お大事に。敬具 泌尿器科いまりクリニック 院長 小嶺信一郎

件名: Re: HP拝見しました。ご相談します。よろしくお願いします。
日時: 2012年9月10日 21:20:05 JST
宛先: imarihi@hachigamenet.ne.jp

小嶺 先生

ご多忙のおり、早速のお返事を頂戴いたしまして、ありがとうございます。先生の見解を参考にしながら、また、同時に代替医療も検討しながら、決めたいと思います。現在、光線治療を毎日行っていますが、気休めかもしれませんが、光線を施した日は体調がよく食欲もあるようです。抗がん剤で、今は食欲もなく1日寝てばかりです。タキソテールとステロイド治療を行ってみて、ますます寝たきりになる可能性もあるため、よく検討したいと思います。
お忙しい中、お返事を頂ましてありがとうございました。

ボタン泌尿器科いまりクリ ニック表紙に戻る

ご意見と返事 202

On 2012/09/02

二か月程前に前立腺肥大のレーザ手術(PVP)を行った62歳のものです。手術後順調に回復したのですが、一か月経過した所でバイクに10分程乗ってしまい、血尿、肉片が排尿の際でました。今、前立腺の箇所の鈍痛が消えません。痛み止め(ロキソニン)も効きません。今、リリカ25を処方してもらってます。尿の勢いは回復したのですが、鈍痛が苦痛です。最近まで白血球が+でした。(炎症?)自然に治るのでしょうか?ご教示よろしくお願いします。

@@@@@
S24年9月生まれ
埼玉県@@@@@市@@@@@@町@@@@@@番地@@@@@@
TEL@@@@@@@

謹啓

前立腺の治療後まだ1ヵ月で、前立腺部尿道の傷が完治して居らず前立腺の炎症が残っている時期に、バイクに乗ったということで、会陰部を圧迫して、前立腺炎が悪化したのかもしれません。一般的に、前立腺の手術後の傷が完治するには数ヶ月間かかりますので、それまではお酒や激しい運動、会陰部を圧迫するような長時間の坐位や運転、自転車やバイクを控えて用心しましょう。

傷が無い場合でも前立腺炎自体が治るまでに長くかかるようですので、いずれは完治されると存じますが、これからもしばらく気長に治療しましょう。そして、リリカのみでなく抗菌剤や漢方の消炎剤も同時に飲んでみてはいかがでしょうか。

そして、傷の治りが遅くなる原因として糖尿病や肝臓病、腎機能障害なども無いか調べてもらいましょう。

では、お大事に。敬具 泌尿器科いまりクリニック 院長 小嶺信一郎

件名: Re: ご質問
日時: 2012年9月3日 21:21:10 JST
宛先: 小嶺 信一郎 <imarihi@po.saganet.ne.jp>

泌尿器科いまりクリニック 院長 小嶺先生

早速なご回答ありがとうございます。先日ようやく炎症がおさまった(白血球が−)ようです。
早く痛みが治まるように無理せず治療していきたいと思います。

ボタン泌尿器科いまりクリ ニック表紙に戻る

ご意見と返事 201

On 2012/08/20

こんにちは。今年の三月に慢性前立腺炎と診断された者です。当初はストレスからだと言われセルニルトンとサワダロンを処方され4ヶ月ほど服用していましたが一向に良くならなくそのうち尿道からの透明な膿が出てきたり、こうがんの痛みが前より増したりと症状が変化してきました。そして先月に尿細菌培養検査をしたところ特定はできなかった何らかの菌が出ました。そこから漢方二種類とクラリスロマイシンを二週間服用しましたが改善せずその後、レボフロキサシン二週間さらにミノペンを10日間服用しましたが全く改善しません。それどころか尿の白血球が1+だったのが先週は2+となりました。
私は治るんでしょうか?
抗生物質が効いていないと言うことなのでしょうか?とても不安で押し潰されてしまいそうです。
@@@@@
栃木県@@@@@市@@@@@@町@@@@@@番地@@@@@@
0@@@@@
29才

謹啓

3月から慢性前立腺炎と言うことで治療されているが、なかなか治らないと言うことでご心配のことと存じます。一般的に慢性前立腺炎の場合は長引くことや、治っても再発することが多いようです。そこで、あまり心配されずに、気長に治療すると言う気持ちで居られたほうが良いと存じます。いっぽう、あなたの場合は症状がよく判りません。一向に良くならないと言うことですが、何が良くならないのでしょうか。最初にどのようであって、その後どのようになり、今はどのような症状が良くならないのでしょうか。

そして、長引く場合は前立腺炎以外の病気が隠れていないか調べてもらいましょう。たとえば、尿路結石症やクラミジアなどの性感染症や、排尿機能障害などです。いかがでしょうか。

では、お大事に。敬具 泌尿器科いまりクリニック 院長 小嶺信一郎

件名: (件名なし)
日時: 2012年8月22日 15:09:12 JST
宛先: imarihi@hachigamenet.ne.jp

ご返答ありがとうございます。
症状を詳しく書きますと今年の4月頃に足の付け根やこうがん付近に違和感を覚え泌尿器科に行きました。初診の日は尿の細菌培養検査をする為の採尿と前立腺の触診をし、翌週に再診に伺うと尿からは菌などは検出されてないのでストレスからくる前立腺炎と診断されました。しかし風俗に行ってからこのような症状が出たので無菌という診断には疑問を持ちました。結果セルニルトンとサワダロンを処方され服用し続けてそれから3ヶ月ほどすると尿道から透明な膿が出始めこうがんの痛みも強くなりました。
診察の際にその旨伝えると再び尿の細菌培養検査をすることになりました。結果は特定はできなかったものの何らかの菌が検出され精巣上体炎も併発していると言われその日から漢方二種類とクラリスロマイシンを二週間服用しましたがこうがんの痛みや膿が出る等の症状は改善されずその後レボフロキサシン二週間さらにミノペン100を10日間服用しましたが全く改善しません。それどころか尿の白血球が今までは1+だったのが先週2+となりました。これは抗生物質が効いていないということなのでしょうか?
私は治るんでしょうか?

ボタン泌尿器科いまりクリ ニック表紙に戻る